2012年11月07日 Tweet It!

北京は人工降雪

人工降雪が北京で混乱を引き起こす

中国国営メディアの発表では、中国の科学者が人工的に吹雪を起こし、今期、北京で大混乱がおきている。母なる自然を弄り回す行為に対して論争が起きている。

首都北京では11月1日に、22年ぶりとなる早期の降雪に見舞われたが、その後北京は再び真っ白におおわれて、ここ3日間の間にもっと多くの降雪が予測されていると、国立気象センターが発表している。

中国日報は匿名の当局者の言葉を引用して、北京気象操作事務所が人工的にこの2つの吹雪を引き起こしたとしている。それは化学物質を雲の核としたもので、20パーセント程度降雨を増加させる可能性のある操作だという。
当局は報道に対するコメントを拒否し、火曜日には「自然のもの」であるとコメントした。

市の気象職員たちは、このような方法は北京を含む中国北部一体で干ばつを緩和する目的で使われていて、10年以上も使われていると以前に語ったことがある。

元記事

万里の長城では日本人がこれに巻き込まれたのですね。予測できなかったでしょうね・・・・・・

ケムトレイルみたいに散布するのでしょうか?
もっと低いところで、小型飛行機でやるのでしょうか?
関係ないけど、中国では、米軍はケムを撒いていないと思うので、中国軍が撒いているのでしょうか?
韓国は、たぶん撒いています。チュモンでケムが写っていた覚えがあります。


posted by 狭依彦 at 21:43 | Comment(8) | TrackBack(0) | 国際アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。