2012年12月06日 Tweet It!

スェーデン緑の党首ケムの存在を認める

スェーデンの主要政党党首が毒性のある「ケムトレイル」は実際にある、バカな陰謀論ではないと認める

スェーデン緑の党党首のPernilla・Hagbergによると、散布はCIAとNSAの共同作戦であり、自分の国であるスェーデン政府も加わっており、計画的な噴霧散布によって大気圏の状態を変えようとしているという。
そして、この「危険な」霧の混合体には、多種の化学物質の成分、ウイルス、細菌の砕片、アルミニウムやバリウムなどの金属が含まれている。そして、それらは既に世界中の水源や土壌に蓄積が見られるという。

これは、スェーデンの新聞Katrineholms Kurirenに報道されたものである。

興味深いことに、国連とビル&メリンダ財団が支援している各種の団体が、最近、このような散布が実際になされていることを認めざるを得ない状況に追い込まれ、撒かれた微粒子は一般の飛行機雲とは違うと認めている。しかし、ケムトレイルの散布に対する彼らの言い訳は、彼らはいわゆる「温暖化」の破壊的な影響から地球を何とか救おうとしているというものだ。

元記事

このサイトを見ている人なら、いや、空をゆっくり見たことのある人ならケムトレイルの実在は疑いようもないでしょう。
問題は「あれは何なのか」ということと、「どうして一般の話題にのぼらないのか。日本政府も加担しているか」ということでしょう。
ビル&メリンダの関係の「口実」はこれから人々の洗脳に使われそうですし、もう一つのシナリオとして、このような政党や団体が「真実」を告げようとすることも考えられますね。
さて、真実を告げられた人々はどうするのでしょうか・・・・・・

そういえば、最近見た、大手の酒造を中心としているメーカーが出している水の宣伝で、「モロ」ケムトレイルというビデオがありました。


posted by 狭依彦 at 09:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | ケム・トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。