2013年04月28日 Tweet It!

IRS本部のアート

※IRS Internal Revenue Service●アメリカ内国歳入庁
◆アメリカ政府の税徴収機関であり、日本の国税庁に当たる。一般にIRSと呼ばれており、徴税方法がアグレッシブなこと、そのほか、納税申告手続きが煩雑なことから、一般のアメリカ人にとっては悪名高い存在である。

xxxirspillarspyramid.jpg

RS本部の前にあるアートは2本の柱の間にあるキャップストーン(冠石)がついたピラミッドを表している。
黒と白との縞模様は二重性についての秘教的概念に関係している。

Monument_Israel_200.jpg

イスラエルのメーソンモニュメントも全く同じ要素を持つ。2本の柱の間にあるキャップストーン(冠石)がついたピラミッド。地面にある白黒の縞模様は二重性を表している。

元記事

IRSというのは英会話の勉強をしているとよく出てきます。
でも、日本の国税庁に当たるわけで、こんな「アート」が置いてあるのですね。
イスラエルにもこんなのがあるのですね?
きっと、日本のどこかにもありそうですね。
posted by 狭依彦 at 08:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自由

アイ・アム・フリー
xxx01.jpg

定職を得よ。出勤せよ。結婚せよ。
子供を作れ。ファッションに敏感であれ。
普通の行動をせよ。歩道を歩け。
テレビを見よ。法律は守れ。
老後のために貯金せよ。

さあ 私について復唱しましょう:
「私は自由だ」

霊界物語第3章に次のような文章があります。
今まで天空に橋状をなして横たはりし黒雲は、次第に散乱して拭ふがごとく、天明らけく地清く、神人和楽の極楽浄土を現出したるぞ目出度けれ。これより二個の国魂を南北に分ち祭られ、国土を二分して、北方は八王神吾妻別これを主管し、南方は八頭神国玉別これを主管することとなりぬ。君主的神政の神界の経綸も、ここにいよいよ民主的神政の端を啓かれたるぞ是非なけれ
(大正一〇・一一・二〇 旧一〇・二一 午後八時東の天より西の天に向つて一条の怪しき黒雲横たはり、天を南北に区劃し、天地暗憺たる時、竜宮館において、加藤明子録)

これは、一つの国に二つの国魂=主権者をおいたため、国が乱れて収拾がつかなくなり、国を分けて一つの主権者で治めるようにしたら治まったという話です。
書かれたのは大正10年(1921年)。
「是非なけれ」というところが問題で、民主制を認めているのかどうか?
これについては、霊界物語の評者の「民主」という言葉に対する解釈によって違いますが、王仁三郎はシオニスト製の「民主」と「人々の権利を認める民主」の二つについて違いを認識していたと狭依彦は考えています。
それではこの文章で「民主」はマイナス・イメージだとすれば、王仁三郎は「君主」を理想としているのか?
そこなのですが、王仁三郎がどのような世界を理想にしていたか、自分でも「腹に入っていない」ので、人には説明できないでいます。
posted by 狭依彦 at 07:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 霊性・肉体破壊陰謀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日 Tweet It!

ボストンと圧力鍋爆弾

CNNがいわゆる圧力鍋爆弾を「過激派右翼の者たち」と結び付けている

(アイクさん)
あんたたちはそう言わなかっただろうか?
政府のファシスト・アジェンダに異議を申し立てる人たちは何だ?
政府が葬り黙らせたい人たちは?
あんたたち、彼らがやったって言っているよね?
ショックだ。

あんたたちは予測できるんだよね?
ほんとにできるんだよね?
それならワクチンを打ったほうがいいよね。
there's bound to be one


CNNは米軍の第四心理操作グループによって吹き込まれた古い習性に頼ろうとしているようだ。
ボストンで発見されたいわゆる圧力鍋爆弾についてのニュースで、CNN(政治的権力のプロパガンダネットワーク)は次のように主張している−「過激派右翼の者たち」はアルカイダの雑誌に紹介されている装置が気に入っている。

元記事
--------------------------------------------------------
イスラエルの警察官がボストンマラソン爆弾事件の捜査に参加

月曜日のボストンマラソンで死者を出した爆弾事件への捜査は、公式に国際的なものとなった。イスラエルの警察官が捜査を助けるために米国へ派遣された。
イスラエル・タイムズによると、イスラエル警察の長Yohanan Daninoは警察官をボストンに送った。彼らは米連邦捜査局の捜査員やほかの当局者と会う予定だという。

元記事

アイクさんの言葉はうまく訳せませんでした。
ボストンの爆弾事件については、アレックス・ジョーンズが結構反応しているようです。
爆弾犯人とされる者と、軍のシークレット・サービスの写真と比べている記事もあります。
今のところ、政府は「右翼」(愛国者)と爆弾を結びつけようとしているのでしょうか?
posted by 狭依彦 at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日 Tweet It!

ボストン爆発同日爆弾処理訓練

ボストンマラソンの爆弾はボストン爆弾処理班が「制御された爆発」演習を行っていたのと同じ日に起こった

(9/11、ロンドン爆破事件、マドリード列車爆破、オスロ爆破、サンデー・フックなどなどと同じテーマだ。1995年のムラービル爆破の前にも、オクラホマ爆弾処理班が現場にいた。)

主要メディアで報道されていないことは、マラソンの爆弾と同じ日に「制御された爆発」が行われていたということだ。

ボストン・グローブが本日ツイートしたところでは、「当局:爆弾処理班の活動の一環として、一分間以内に図書館の反対側で制御された爆発が行われる予定だった。

ブルムバークのニュースでは、今、「これはテロ攻撃である公算が強い」と言っている。
--------------------------------------------------------------
目撃者:当局はボストンの爆発の前に「演習」のアナウンスをしていた

ボストンマラソンの2度の爆発の目撃者が今日、爆弾が爆発する前に「演習」が何度もアナウンスされていて、爆発の前に爆弾探知犬が配置されていたことを「奇妙なことだ」と感じたという。

Mobile’s Cross Country Coach大学のAli StevensonがLocal 15 Newsのインタビューに答えたところでは、「ただの演習であり何も心配することはないとラウド・スピーカーでアナウンスをし続けていた。何らかの脅威があったようだが、彼らはただの演習であると言い続けていた」

また、ニュースによると、Stevensonは「スタートラインと、ゴールラインに爆弾探知権がいたのを奇妙に思った」と報道している。

元記事1

元記事2

いくつかのニュースで取り上げられているので、そういうことがあったのではないでしょうか。
posted by 狭依彦 at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日 Tweet It!

中国鳥インフル、米生物兵器か?

中国の大佐が鳥インフルウイルスはアメリカの生物兵器であると言っている

中国空軍の士官が土曜日、米政府が新しい鳥インフルエンザ株を作り、生物兵器攻撃として、現在中国の一部を悩ませていると非難した。

人民解放軍のDai Xu大佐は、アメリカがH7N9鳥インフルエンザウイルスを生物兵器戦争行為として中国でばら撒いていると自らのブログで発表した。

この非難は、最初、広州の国営の新聞であるSouthern Metropolis Dailyで取り上げられ、その後、アジアのニュースとして数箇所で取り上げられた。
国務省のスポークスマンJason Rebholzはこの申し立てを否定した。彼は、Washington Free Beaconに「この非難にはなんら真実は無い」と語った。

このDai大佐は、中国と日本の尖閣諸島をめぐる対立で、アメリカが日本を支援していることで、戦争をしなければならないと、昨年8月に主張している。
----------------------------
中国政府は、この疫病の発生は、最近中国の川に数千頭の豚の死骸が浮かんでいるのが発見されたこととは、何の関係が無いと言っている。

元記事

ヘッドラインでは中国のインフルについての記事で最初のものだと思います。
紹介した記事は、いわゆる「科学的」な記事ではないようですが、新聞か何かで「3種類のウイルスに感染した鳥の体内で、遺伝子が入り交じって新たなウイルスができた可能性がある」みたいな記事を読んだときは、鳥の体内よりは、研究室の方が「ずっと」起こりやすいだろうな、と思いました。

誰が撒いたのか、アメリカだけとは限らず、中国かも知れないと思っていますが、こんなウイルスを作り出す科学者が存在するだろう(どう使われるかは関与していないが、作り出すことには何の呵責も感じない、もしくは脅されて作る。もしくは、そんなウイルスを作ることが人類の未来に役に立つと信じている。)ことだけは肝に銘じていたほうがよいと思っています。

今日は、一日、北朝鮮のミサイルの記事を検索していましたが、日本語も英語もあまり記事も見つからずCNNかロイターを見ていました。
日本も世界も、非常に「冷静」なのですね。
冷静すぎて、逆に怖いです。
ハングルの新聞も頻繁に情報が更新されることはなかったですね。
事前通告なしに、試射としても、ミサイルを撃ったら情勢はどうなるだろうというのも、「アメリカは陸地に向かっていなければ迎撃しない」と言っている記事だけだったと思います。
これは昼ごろ見ていたニュースの記事で、今は違う解説もあるかも知れません。
私は金正恩の写真を見て、私の知っている昔の写真とは違っていたので、写真から何かを感じ取れる人に聞いてみたいと思います。が、そんな友人はないのでできませんが。
posted by 狭依彦 at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月09日 Tweet It!

厚労省の放射能レベルのデータ

3.7ベクレル/kgというのは高いのか?

日本の厚生労働省が最近出したデータで、福島第一の核災害が終わったというのとは全く遠いところにあることが示されている。
現在の状況に関しての、完全なメディアの報道管制にもかかわらず、福島から225マイル離れた静岡のrice crackers(せんべい)のセシウム137とセシウム134の量は数ヶ月もしくは数週間だけで年間の放射線許容量を越えるような高さである。

Fukushima-Diary.comによると、静岡県で検査されたせんべいはセシウム137が3.7ベクレル/kgであり、みかんはセシウム137が3.14ベクレル/kg、セシウム134が1.46ベクレル/kgである。

また、千葉の鹿島市の川、湖、海岸での放射線レベルは、危険なほど高く、さらに高くなってきている。
昨年9月の大津川での放射線レベルは 5,700 Bq/Kgから14,200 Bq/Kgに上昇している。

一方、最近のラスムセン報告書によると、アメリカ人の3分の1が、福島の放射能がアメリカで「重大な害」をもたらしたと考えている。これは、アメリカ全土で福島の災害が起こった後、地面、水、そして食べ物にさえ、高いレベルの放射能が見つかったという事実によると思われる。

厚生労働省のデータ

元記事

この数字は厚生労働省のデータに書かれているのだけれど、このデータでよく目に付くのが<25であり、3.7なんて少ないように思いますね思ってしまいますね。
ちょっと、調べたところ、「数ヶ月もしくは数週間だけで年間の放射線許容量を越えるような高さ」というのは自分では、確認できませんでした。ベクレルとシーベルトの換算も面倒だし、「おおげさすぎ」ではないかと思っています思ってしまいます。
アイナメ51万ベクレル/kgとかいう数字も見つかりましたし、3.7は「少なくて安全、安全」と思ってしまいますね。
*これを理解するには、本当にしっかり勉強することが必要なのでしょう。たぶん、日本人として「普通に」生きていたら、「少ない」と思ってしまうと思います。*(後から追加しました)

この記事はアメリカの記事なので、「アメリカ人は気にしすぎ。被害妄想」と思ってしまいますが・・・・・・
実は、私たち日本人は、安全かどうかも簡単には分からず、ブラックアウトされているのかも

言いたいことが誤解される感じの表現になっていたので修正しました。
posted by 狭依彦 at 22:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日 Tweet It!

シリア、セックス・ジハド

イスラムの聖職者がシリアの女性に対するレイプを認めるFatwaを出した

アメリカが支援しているFSA反政府勢力が「セックスジハド」の一環として、シリアでスンニ派以外の女性をレイプすることを認めるFatwaを公に発表したイスラムの聖職者がある。「セックスジハド」では反アサド武装勢力の兵士の欲求を満たすために、シリアに14歳までの少女を輸送しているようだ。

シリアのダマスカスに17年間暮らしている、ヨルダン生まれのSalafi Sheikh Yasir al-‘Ajlawniは先週YouTubeにビデオを投稿し、そこで、世俗の大統領であるバシャール・アサドを打ち倒すために戦っているイスラム教徒たちに(イスラムの見地からは)合法とし、すべてのスンニ派でない女性−特にアサドの宗派のAlawites(アラウィー派の人)、Druze、その他、基本的にはスンニ派でない人々、イスラムでない人々−を「捕まえセックスをする」Sharia法を施行する「合法的なfatwa」を発行する準備をしていると語っている。

※Fatwa 認識された権威によって与えられるイスラム法の点における判決

元記事

元記事はアレックス・ジョーンズです。
この記事、本当なんですかね?
シリアをめぐる情勢は、「民主主義と独裁者の戦い」と「教育されて」いますが、私は英語の記事を読んでいて「そうではない」と感じていますし、ちょっと調べるとイスラム内部の宗派の争いでもあり、非常に難しく理解しがたいですね。
posted by 狭依彦 at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日 Tweet It!

ガザ新たなる空爆

イスラエルがまたガザを空爆

イスラエルの戦闘機が占領地ガザを空爆した。この攻撃は、昨年11月に海岸の居住地で8日間にわたった猛攻撃が終わり、休戦が成立して以来のものである。

ハマスの内務相の声名では、火曜日遅くにイスラエルのジェット機がガザ北方の空き地を爆撃したとこのことである。
「複数の占領軍の航空機がガザ北方の空き地を爆撃したが、負傷者はいなかった」ということである。イスラエルの軍事当局者はガザでの攻撃があったことは認めたが、詳細については触れなかったという。

元記事

タイミングを見計らって攻撃しているのでしょうか?

posted by 狭依彦 at 22:41 | Comment(1) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日 Tweet It!

遺伝子組換作物の作付け

世界中の遺伝子組み換え作物の作付面積はアメリカ全土をカバーするくらいだ

gggworld.png

遺伝子組み換え作物を作付けするのに現在使われている土地の量は、これまでで最大になっており、世界中に広がっているという報道がある。ISAAA(he International Service for the Acquisition of Agri-biotech Applications(農業バイテク応用の情報収集のための国際的サービス))が集めたデータでは、28カ国にわたる4億2千万エーカーという驚くべき土地で遺伝子組み換え作物が育てられていることを明らかにしている。ISAAAは作物の生産性を増し、資源に恵まれない農家の貧困を軽減する使命を負って創設された組織である。

元記事

日本も仲間に入っていても不思議はなさそうですが、入っていないのですね。
posted by 狭依彦 at 22:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | 社会・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。