2013年04月02日 Tweet It!

遺伝子組換作物の作付け

世界中の遺伝子組み換え作物の作付面積はアメリカ全土をカバーするくらいだ

gggworld.png

遺伝子組み換え作物を作付けするのに現在使われている土地の量は、これまでで最大になっており、世界中に広がっているという報道がある。ISAAA(he International Service for the Acquisition of Agri-biotech Applications(農業バイテク応用の情報収集のための国際的サービス))が集めたデータでは、28カ国にわたる4億2千万エーカーという驚くべき土地で遺伝子組み換え作物が育てられていることを明らかにしている。ISAAAは作物の生産性を増し、資源に恵まれない農家の貧困を軽減する使命を負って創設された組織である。

元記事

日本も仲間に入っていても不思議はなさそうですが、入っていないのですね。


posted by 狭依彦 at 22:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | 社会・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。