2013年06月18日 Tweet It!

ユリ・ゲラー

ユリ・ゲラーとモサド・CIAのマインドコントロール、マイケル・ジャクソン

ユリ・ゲラーはモサドとCIAのスパイであったように考えられる。
The Secret Life Of Uri Geller - Psychic Spy?という映画が新しく作られたが、そこではゲラーのスパイへの関与の証拠が示されている。

映画のインタビューではゲラーはまだ自分の諜報活動については口が重い。
しかし、彼は、自分のご主人様たちに、かって、テレパシーで豚の心臓を止めろと求められたことを認めている。「ポジティブなミッションなら実行しようとした」とゲラーは主張している。

この映画のインタビューには、CIAの諜報員のほかにも、スタンフォード研究所の科学者も出ている。
元CIAのKit Green、アポロ14号の宇宙飛行士 Edgar Mitchell、退役米軍人のJohn Alexanderなども含まれている。
イスラエルの首相ベンジャミン・ネタニヤフもゲラーとの友人関係の長い年月について語っている。

ゲラーは 'Gellerings'と呼ばれる、NASAのスペース・キッズ計画とも関わりがあったと報道されている。

マイケルジャクソンがCIAと関係があったと報道されているが、これはジャクソンがユリ・ゲラーと親友関係にあったことと関わっているのではないだろうか。

元記事

WIKI
ハンガリー系ユダヤ人の移民の家庭に生まれる。父はイツハク・ゲラー、母はマンジー・フロイト。精神分析学の祖ジークムント・フロイトの親類である。両親の離婚と母親の再婚に伴って、キプロスのニコシアに転居。そこでカトリックの高校に通い英語を習得する。


昔、スプーンを曲げているのをテレビで見ていましたが、何も知らなかった私は、このような説明から「あやしい人だ」とは思わなかったでしょう。
出てくる名前、名詞、怪しいですね・・・・・・


posted by 狭依彦 at 21:46 | Comment(4) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。