2013年08月30日 Tweet It!

米シリア攻撃の理由

89379_n.jpg

自国民(シリア国民)に化学兵器を使ったという理由で、アメリカがシリアに対して攻撃を開始する前に、化学兵器を米国民に使ったという理由で、アメリカはモンサントにトマホークを数発打ち込むことができるだろうか?

themが分かりにくいですが、たぶんchemial weapons(化学兵器)でしょう、「モンサント」なら「化学兵器」と言えるかも知れませんね?
アメリカは、「シリア国民に化学兵器を使ったという理由」で、シリアを攻撃するのですね。なかなか、日本のニュースでは明らかにしてくれていないところでしょう・・・・・・

ちょっと考えると、シリア政府が毒ガスを使ったとしたら反体制派の戦闘員に向かって使ったはずですよね。
でも、反体制派からのビデオとかでは、被害に合っているのは女性とか子供ですよね。
また、トルコなどで検査を受けたのも一般市民ですね。
女性とか子供は反体制派なのでしょうか?どうなっているのでしょうか?

日本の情報からでもこの論理の正否を検証できます「シリア 毒ガス 反体制派」で検索してみましょう。

ついでに、ケムトレイルも「化学兵器」の一種ですから、アメリカさん、日本に撒いている人々も攻撃していただくとありがたいのですが・・・・・・
posted by 狭依彦 at 21:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国際中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日 Tweet It!

米シリア参戦は第三次世界大戦につながりかねない

Kucinich米元議員はアメリカのシリア戦争は第三次世界大戦になりかねないと言う

元米議員のDennis Kucinichによると、オバマ大統領はシリアで軍事行動をとる前に、議会の承認を得ないならば、憲法違反となりかねないという。議会は9月9日まで、夏休み中である。

議員はオバマ大統領の政府を疑わしい証拠に基づいて戦争に「突っ走ろう」としていると非難した。

シリアの国連調査団は攻撃で化学兵器が使われたかどうかを調べているが、まだ報告書を公表していない。

Kucinichはイラク戦争に反対票を投じたが、また、シリアへの空爆は米軍を「アルカイダの空軍」にしてしまうと言っている。「これは国際的には深い示唆を持ったとても重大なことだ。そして、我々は「目標攻撃」をするだけだと言って、過小評価しようとするなら、それは戦争行為だ。いいかげんにあしらって良いことはない。

一方、ロシアの副外相Vladimir Titovは水曜日国連安全保障委員会は、申し立てられている毒ガス攻撃についての報告書を調査団が提出するまで待つべきであると語った。

元記事

アイクさんによると、アメリカその他は待てない理由があるようですが、さて、どうなるのでしょうか?
posted by 狭依彦 at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日 Tweet It!

うそつきケリー

これらの生まれつきの嘘つきたち(オバマ、キャメロン、ケリーなど)はアサド政権を爆撃したくてたまらない。
その理由は、NATOやイスラエルの裏にいる隠れた権力が雇った精神病的な傭兵たちが内戦を画策したが、シリア政府は容易には倒れようとしないので、中近東を打倒征服する国際的な計画のタイムテーブルがぶち壊されたためである。
その影の権力は、自分たちの命令を拒否するはずのない政治的操り人形(オバマ、キャメロンなど)を使って、シリアを爆撃する計画をたてている。

ユーラシアとして知られる非常に広い地域全体を支配する道筋で、かれらはもっと多くの人を殺したり、不具にしようとしている。彼らの計画では、今までにはレバノンとイランを侵略していたはずであり、今では、NATOが資金を出し武器を与えている「反政府勢力」が、アサドの軍隊に押され気味であるという閉塞感、行き詰まり感を空爆でふっ飛ばしたいのだ。

そうするために、彼らは証拠もなしに、アサドが自国民に化学兵器での攻撃を命令したと言い立てている。
彼らは以前にも同じことを試み失敗した。その時は、アサドの化学兵器攻撃は、NATOが侵略の口実をでっち上げるために、NATOコントロール下の「反政府勢力」によって起こされたものであった。

今や、絶望的なやけくそで、同じことをやっているが、今回は答えなどは拒否し、何らの信用できる証拠も作ろうとはしていない(彼らはそれができない)。その理由は、彼らのご主人様のタイムテーブルが、アサドは今の今取り除かれなければならない。ちょうど、リビアでガダフィに対して行ったことと同じだ

そして、国際的な企業メディアは、いつもの役割で、嘘を事実として繰り返している。そうすることで、彼らの手もまた血まみれになるだろう。メディアはその歴史的な時をずっとそのようにしてきており、今でも、とてもおろかで、知識が足りないし、馬鹿なので、自分や自分の家族が、自分たちが正当化するための日常的なプロパガンダを提供しているその同じオウエリアン・ファシスト社会の支配下に置かれるだろうことは予見することが出来ないのだ。

アイクさんの記事です。
アイクさんの見方では、イランもレバノンも既に攻撃されているはずで、それが失敗となり、タイムテーブルが狂ってきているということで、今、攻撃しないと「困る」ということでしょうか。
この見解が当たっているのなら、今回は、アメ公たちの出番ですね。巡航ミサイルぶち込むと言っていますね。
それと、ニュースではほとんど出てこないでしょうが、イスラエルの「軍事施設」をピンポイント空爆、かなり「強力」な爆弾を使っているようですね。
優秀なイスラエルは、自衛のためのピンポイントを外すこともないでしょうし、外して一般人に当てるのは、いつもアメリカということになっているようですね。
posted by 狭依彦 at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイク関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日 Tweet It!

シリアと化学兵器

国連がシリアの反体制派を化学兵器を使ったと非難

シリアの反体制派がシリア国内の紛争で致死的な神経ガス、サリンを使ったと、国連の人権調査員のCarla del Ponteが語った。これは、日曜日のスイスのラジオのインタビューに答えてのものだ。
「我々は調査を深め、新しい目撃証言によって、われわれの結論を検証し確実なものにしなければならない。しかし、これまで積み上げてきたことからは、現在のところサリンガスを使っているのはシリア政府の反対者である」という。

トルコはかってはシリアの同盟国であったが、そのエルドアン首相は、アサド大統領を「殺戮者」「殺人者」と呼び、シリアでの殺人に対して代償を払わしてやると語った。

国連のパン・ギムン事務総長は、日曜日に、イスラエルの空爆について「重大な懸念」を表明し、シリアの内戦をエスカレートさせないために自制を求めた。
イスラエルはダマスカス近郊の3つの軍事施設を空爆し、レバノンのヒズボラの基地に輸送する武器をターゲットにした48時間での攻撃の報道に次ぐものだ。

元記事

ちょっとだけ遅れた記事ですが、イギリスのテレグラフ紙の記事です。

CNNには『使用なら「処罰」と国連事務総長 シリアの化学兵器疑惑で』という記事がありました。
これは、シリア政府が国連に毒ガスの調査を認めた話です。アイクさんのヘッドラインにもありました。
もし、この話の通り、シリア反体制派が使っていたら、「処罰」は無理でしょうね。

エジプトの記事でもそうですが、このテレグラフ紙とかデイリー・メール紙は、ちょっと日本のマスコミとは違う情報をくれます。
例えばエジプト関係では、紹介しようかなと思っていて、結局サボってしまいましたが、エジプトの記事では、ロバート・フイスクさんが、「国民を守るべき警察官が、国民に銃弾を撃ち込んでいる」という論調で熱い記事を書いていました。
また、イスラム同胞団では、殉教者の気持ちでデモに参加した人たちがかなりあったこと。
確かに、銃で反撃した同朋団員もあったけれど、ほんの一部であったが、例えば日本のニュースではその一部が大きく取り上げられていて、数的に警察と同じくらいだと「思わせていた」ような気がしました。
例えば、30:1の比率であれば、やはりニュースを受け取る人は「考えるべき」だと思いますね。
パレスチナの状況で、ハマスのロケット弾攻撃で死んだイスラエル人と、イスラエルの攻撃で死んだパレスチナ人では、イスラエル人が一人殺されたらパレスチナ人30人くらいの比率なのですが、日本の報道では「同じくらい」と感じられるような気がします。
30対1をちゃんと宣言して、「人の命の重さは何対何では量れない」と言えばまだしもですが・・・・・・
posted by 狭依彦 at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日 Tweet It!

フィリピンのゴールデン・ライス

フィリピンの農民がモンサントの遺伝子組み換え米ゴールデン・ライスの野外実験場を襲い、破壊した

Bicolの各所から来た400名以上の農民が、 Camarines SurのPili農務省の地域実験場の5番で行われているゴールデンライスの野外試験を襲った。

ゴールデン・ライスは遺伝子組み換えの米であるが、農民達は計画されているその商品化を阻止するために、稲を根こそぎにした。

「農民達は現在行われているゴールデン・ライスの野外実験に対して行動をとることを決めた。ゴールデン・ライスはフィリピンの飢餓と栄養不良の問題への解答ではない」とSIKWAL-GMOのスポークスマンである農民のBert Autoは語る。SIKWAL-GMOは遺伝子組み換え作物と多国籍農業企業が農業を支配することに反対しているBicolの農民、教会、学生、学者、消費者の団体である。

ゴールデン・ライスはベータ・カロチンを作るために細菌とトウモロコシ由来の遺伝子が組み込まれている

Autor氏は米国と農業化学の多国籍企業がゴールデン・ライスの実験栽培の裏にいると語る。彼らはフィリピンの米を支配しようとしているという。

政府のDA RFU5の職員と会見し、職員はゴールデン・ライスの栽培はやめると約束したが、秘密裏に実験を続けているとAutor氏達はいう。
今年から実際に食べる実験が行われるという噂があり、収穫された米がその実験に使用されるおそれがあった
中国では国民が子供たちへの食べさせる実験に反対して、遺伝子組み換えの主唱者に病気になった家族に対して賠償をさせることを要求しているという。

元記事

中国の話は未確認。
まあ、こんなのは報道されない可能性が高いですが・・・・・・
ニュースで日中それぞれ90%以上が相手国に悪感情を持っているということでしたが、われわれも、もっと中国のことを知る必要があるかも知れませんね。
posted by 狭依彦 at 07:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国際アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日 Tweet It!

ゼロ時間労働契約

アイクのニュースレターより

人々から奪い、奴隷状態にする

極東やその他のスエット・ショップ(タコ部屋)文化の中心地全体に広がる同様の拘束状態の中、既に少なくとも数千万人が奴隷化されているが、今や、組織的な経済的搾取が引き起こされ、大衆をひざまづかせ、それが「自由でリベラルな」西欧に移ってきてる。

ゼロ時間契約とは、人が永久的な無給の「待ち状態」であって、仕事が与えられる保証は無いのだが、他の場所では働くことを許されないような仕事につくことを求められる。
休日はないし、疾病手当もない。継続した収入の保証ができないために、家を買ったり、借りたりすることができない。そして、口をつぐんでいる者たちに優先的に仕事を与えるため、この扱いに文句を言う者たちは、罰として、仕事が与えられない。

これはまさに奴隷状態である。

しかし、各国政府はこれが大好きだ。なぜなら、(A)ご主人様の要求どおり大衆を潰しているから、(B)仕事をしていなくても、公式的には働いているとカウントされるゼロ時間奴隷によって真の失業レベルが隠されるからである。

Resolution Foundation(リゾルーション財団)は低取得者のために活動しているが、ゼロ時間契約の人たちはフルタイムの労働者に比べて賃金が低いことが明らかにしている。平均、フルタイム482ポンドに対して236ポンド。

映画Hunger Gamesは、‘Capitol’でハイテクの贅沢な生活をする少数のメガ・リッチの側に立つように計画されているが、超貧乏の大衆は、塀で隔てられた‘sectors’もしくは、悪い警察国家に守られ現状維持されている、それぞれの仕事に特化されている地域で、ご主人様に仕えている。
もし、これがわれわれが大速力で向かっている場所だとまだ気づいていないなら、その者たちは注意を払っていないのだ

日常的な奴隷化とゼロ時間契約の絶え間ない拡大は、この暗くていけ好かない道を歩く大きな意味のあるステップである。

ゼロ時間契約とはイギリスの労働契約の一つなのでしょう。
日本も、安部さんたちの力強い一押し、ニ押しで、その「場所」に向かっているのではないでしょうか・・・・・・
posted by 狭依彦 at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイク関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日 Tweet It!

太陽の磁場反転

太陽で大きなことが起ころうとしている。
NASAの関係研究所による推定では、太陽の巨大な磁場がひっくり返ろうとしているとのことだ。

3、4ヶ月以内には磁場が完全に逆転しそうだと、スタンフォード大学のTodd Hoeksemaは語る。
「この変化は太陽系全体に波及効果をもたらすだろう」

太陽の磁場の極性は、ほぼ11年ごとに変わっている
太陽の内部の磁気発電機が自分で再編成するときに、太陽のサイクルのピークで極性反転は起こる。
来るべき反転は24太陽サイクルの中間点となるだろう。Solar Maxの半分が終わるだろうが、残りの半分はまだやって来ない。

この磁場の反転は、地球を囲む宇宙に嵐を起こす可能性がある。
また、宇宙線が影響を受ける。宇宙線は宇宙飛行士や宇宙探査に影響を与える。
また、学者の中には、地球の雲や気候に影響があるという者もある。

元記事

11年ごとの反転なら心配することはなさそうですね。
でも、素人考えで、何となく、人間の集団心理に影響を与えているような予感があります。
地球の磁場の反転は昔本も読んだことがあいますが、これはえらいことですが・・・・・・



posted by 狭依彦 at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日 Tweet It!

Birthright Israel

イスラエル移住にDNA検査

イスラエルに移住を望んでいる元ソ連の人で、自分がユダヤ出身であることを証明するために、DNAテストの対象になる人があるかも知れない。日曜日にイスラエル内閣府が発表した。

この政策については、元ソ連出身の19歳の女性が、Birthright Israel trip運動のための資格を得るための検査を要求されたとイスラエルの新聞が報じている。
Birthrightとは、教育目的でイスラエルを訪れたことのない18歳から26歳のユダヤ人の若者に、10日間の無料旅行が与えられる活動である。

イスラエル内閣府は、ユダヤ人として移住を認められるためには、FSU(元ソ連)出身で婚外子であるユダヤ人の多くが、ユダヤ血統であるDNAの確認を要求されることがあるという。

ロシア語を話す婚外子の子供は3歳までに登録されればイスラエルの移住ビザを受けることができ、さもなければユダヤ人の親を持つことを証明するためのDNAテストが必要であるという。

元記事

最初、ん!?ユダヤ人の遺伝子があるのかと、一瞬、思ってしまいましたが、たぶん、ユダヤ人である親と血が繋がっているかを調べる検査であると思います。(下に書いていますが、遺伝的特徴はあるようですね。でも、全部の人に該当するものではないようです)
ここで問題となっているのは、結婚に基づかないで生まれた子供のこと。たぶん、結婚した両親から生まれた子供は最初から権利があるのでしょう。
イスラエルでは帰還法というのがあり、ユダヤ人のイスラエル帰還が保証されていますが、その法律の精神とは、少し違った動きのようです。


WIKIでアシュケナジムを調べました
いくつかの顕著な遺伝的特徴が見られるが、これはユダヤ人全体ではなくアシュケナジムに限った特徴であり、セファルディムには見られない。[要出典]

まれな遺伝病であるテイ=サックス病とゴーシェ病の罹患率が高く、一般的ヨーロッパ人の約100倍に達する。また、ニーマン=ピック病(特にA型)の羅患率も高い。

高い知能を示す傾向がある[独自研究?][3]。ノーベル賞など著名な科学賞の受賞者には人口比からは考えられないほどのアシュケナジムがいるが、おそらくこれも要因の一つとされる。[独自研究?]

文化人類学者のグレゴリー・コクラン、ジェイソン・ハーディー、ヘンリー・ハーペンディングは、次のような仮説を提唱している。アシュケナジムは神経細胞に蓄えられているスフィンゴ脂質という物質が関与する病気に罹りやすい。スフィンゴ脂質が関与する病気には、テイ=サックス病、ニーマン=ピック病、ゴーシェ病などがある。通常、スフィンゴ脂質が多すぎると、死に至るか、少なくとも生殖不可能な深刻な病気に罹る。ただし、ホモ接合型でスフィンゴ脂質過剰遺伝子を二つ持っていると深刻な病気や死に至るが、ヘテロ接合型で一つだけだとスフィンゴ脂質の量は高いものの、致死的なレベルには至らない。スフィンゴ脂質のレベルが高いと、神経信号の伝達が容易になり、樹状突起の成長も促される。神経突起の枝分かれが多いほど、学習や一般的な知能にとっては好ましいという。
posted by 狭依彦 at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日 Tweet It!

カザフスタンの巨大ペンタグラム

悪魔はここで何をしているのか?
カザフスタンの巨大ペンタグラムがGoogle Earthで見られる



大きな地図で見る

カザフスタンの辺境の地に、湖と隣り合った土地に刻まれた巨大なペンタグラム、それがGoogle Earthに現れて依頼、陰謀論者に動揺が広がっている。
この5点の星のシンボルは直径が366メーターあり、カザフスタンの北部のトボル川上流貯水池の南岸にある。

ペンタグラムは通常悪魔崇拝と関係付けられている。しかし、neopaganism(復興異教主義)やギリシャのピタゴラス数学の信奉者や、バハイの宗教、中国の道教などでも使われている。

元記事

GOOGLEの画像を見ますと「冗談」のように見えますが、さてさて、どうでしょうか。
上の航空写真を地図モードにして、最高倍率にすると、ペンタグラムのなかに、adam(アダム)という地名と、human flesh bbq(意味は自分で調べてね)というお店があります。

なお、ペンタグラムは日本でもありますね。陰陽師ですから、良い役でしょうか?

アダムは、私は、最初にDNA操作で作られた人類だと思います。
コーカサス地方で作られたと思いますが、このあたりも、候補地であっても不思議ではないですね。

そう言えば、アイクさんのサイトが危険詐欺サイトに分類されているセキュリティ・ソフトがありました。
私のサイトは、大丈夫でしょうか?
posted by 狭依彦 at 18:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。