2013年09月25日 Tweet It!

ナイロビのテロ

ナイロビ、モールのテロとイスラエル

(1)2013年9月22日現在
惨劇が行われたショッピング・モールは、イスラエル人がオーナーをしている。
イスラエルのメディアによると、イスラエルの政府関係者が既に事件を取り扱うために配置についているとのこと。

(2)モールはイスラエルの影響が大きい場所であるが、イスラエルのスポークスマンによると、イスラエル人は1名が軽症で、3名は無傷で逃げ延びたという。イスラエルが特別な攻撃対象となったわけではないという。

(3)イスラエルとケニアは1973年の戦争の後、正規な関係は持っていなかったが、1980年代にはイスラエルの観光客はケニアを好んで訪れた。関係が改善されてからは、ケニアはイスラエルの観光客と海外居住者の一大センターとなった。このため、ナイロビのイスラエルのショッピング・モールはケニアで最も高級な商業センターの一つとなった。
 客は、海外居住者と裕福なケニア人である。
 事件当時、客は1000名ほどあった。

(4)イスラエルはモール事件の後、この地域には自国人は居ないにも関わらず、交渉チームを派遣したという。このチームはケニア政府と協力しているが、直接犯人とは交渉していない模様。

(5)複数の情報源によると、イスラエル軍がモールに入って、人質や負傷者を救助しているとこのと。イスラエルはこれを確認してはいない。

(6)犠牲者にはカナダ人、イギリス人、フランス人、中国人、インド人、韓国人も含まれているとこのこと。また、ケニアの外交関係者の身内も亡くなっているとのこと。

元記事   元記事

1日情報が古いですが、ケニアのテロ関係です。
昨日の記事では、フォルス・フラッグであるというものもあります。
posted by 狭依彦 at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シリア化学兵器はフォルス・フラッグ

Ghoutaの化学兵器攻撃:アメリカが糸を引く、フォルス・フラッグ?「人道的」軍事介入を正当化するために、シリアの子供たちを殺している

2013年の8月21日に東Ghoutaで行われた化学兵器攻撃は、歴史上で最も恐ろしいフォルス・フラッグ(でっちあげ)作戦であるかも知れない

これまでのところ、多くの子供が「反政府勢力」によって殺されたことを示す証拠がある。怒りをかきたて、さらなる流血を招く米帝国主導の戦争に世界の世論を誘導するため、シリア政府に攻撃をなすりつけるために、子供たちの死体は操作され、写真を撮られている

市民に対して化学兵器を使ったことを確認している一方、国連の報告書は攻撃の主導者を特定できていない。

※調査を行ったAke Sellstrom教授は秘密ヴェールに包まれているとのこと。

国連の調査団の報告書が発表される一日前に、Mother Agnes Mariam de la CroixとInternational Support Team for Mussalaha in Syria(ISTEAMS)が行った報告書が出され、数少ないメディアでしか取り上げられていない。
この調査は明確なものである。アメリカと同盟諸国にシリア政府を非難する証拠として使われたビデオがやらせだという。
報告書には重要な指摘がいくつかあるが、最大1400人が殺されたといわれているが、ビデオに写されている子供の何人かと、いくつかの死体は、種々の場所で撮影されたと言われている違ったビデオに写されている。

※元記事に、根拠となる写真がありますが、あんまり見ないほうがいいかも・・・・・・

元記事

もし、本当にそうだったとしても、今の世界では証明されないでしょうね。
参考までに・・・・・
posted by 狭依彦 at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日 Tweet It!

反政府勢力のミサイルの可能性は無いのか?

反政府勢力が化学兵器を使った可能性?

報告書では、国連は次のように言っている。「使われた毒ガス発射システムについての情報は調査には重要であった。実際のところ、調査地域では、重大な化学兵器の弾等を発射できる能力のある地対地ロケットが数発確認されている。」

尋ねる必要のある問題としては、
シリアの反政府派がサリンガスを使ったのか?
シリアの反政府派が2013年の8月21以前に地対地ミサイルを手に入れることができたか?
ということだ。

サリンガスについては、シリア反政府勢力は、実際のところ毒ガス事件が起こる以前にサリンガスを保有していた。
今年の5月に、国連の報告によると、「被害者の証言によれば、サリンガスを使ったのは、シリア政府ではなく、反政府側だと強く示唆されている」とある。

地対地ミサイルに関しては、8月に、「自由シリア軍、アルカイダと関係のあるal-Nusra Front、その他の武装グループが、能力の上がった火器を使っているという。それには、Grad地対地ロケットも含まれているという」
7月にMiddle East Media 調査研究所の報道では、「対航空機、対戦車、地対地兵器が自由シリア軍や、地元や国際的なイスラム主義者武装勢力の手にある」としている。

アメリカと同盟国は、アサド政府が化学兵器を使ったという確たる証拠を提出できていないという事を心に留めておく必要がある。また、「国連の報告書では誰がミサイル攻撃を行ったかというキー・クエスチョンにはこたえていない」ことを考慮するべきであろう。

元記事

CNNでも「どっちが使ったかは断定していない」とありますね。
昨日だったか今日だったか、どこかで聞いたニュースでは、「ミサイルにロシア語が書いてあったので、シリア政府が使った」と言っていた覚えがあるのですが・・・・・・
というか、「断定していない」というのは軽く言って、「シリア政府が使った」と断定しているように「聞こえる」ような、記事構成、話し方にしているのでは。
posted by 狭依彦 at 22:09 | Comment(4) | TrackBack(0) | 国際中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日 Tweet It!

ケムの公聴会あるか?

Kerry Bentivolio議員が、ケムトレイルとして知られている、重金属や他の毒性のある物質を混ぜた化学薬品のスープを、アメリカ国民には知らせず、アメリカ上空へ散布する秘密計画の有無を調査するために、公聴会を開くことを、最近約束した

仲間の共和党員は、選挙区民にこのような会議を開くと言っていることで、Bentivolio議員に「クレージー・ケリー」とあだ名をつけているが、議員は8月21日のタウンホールミーティングでそれを約束した。

空軍の者たちを何人かこの地域のまさにココに呼ぶ。ここで話を聞き、調査するような管理改革委員会を組織できるだろう。私もそれが何なのかを明らかにしたい」と、議員は聴衆の質問に答えて語った。

科学者たちは、徹底的に、何度も繰り返して、陰謀論の間違いを暴いているが、科学者すべてが陰謀に加担しているかも知れないので、空中散布は続けられている。

Environmental Research Letters誌に昨年掲載された記事では、「新しい、散布専門の特殊航空機を開発するのが最も安い選択肢であり」、太陽光を和らげる硫酸塩を100万トン、大気圏上層部に運ぶことが、年間50億ドルでできるという。億万長者のビル・ゲイツは、自分自身の地球工学的なイニシアティブに財政援助を行い、広範囲な地球工学のプロジェクトのために、ロビー活動を行っている

言葉を変えて言えば、飛行機を使って重金属や化学物質を大気圏中に散布し気候を操作しようという考えは、つくり話でも陰謀論でもない。
実のところ、少なくとも1960年代初期にはStormfury計画として、雲への種まきを行って気候操作をすることに米政府は取り組んできた。
さらに近年では、CIAが「太陽放射管理−微粒子を成層圏に送り込んで、入ってくる太陽光を地球から遠くへ反射するという夢のような用語」をも含んだ、地球工学研究に63万ドルの契約を行っている。

陰謀論と決め付けるのは現時点ではおろかなことであろうが、いつどこでケムトレイルが撒かれるかを、誰も聞かされていないし、われわれの環境や呼吸する空気を持てあそぶことでの健康リスク全体についても明らかにされていない。

元記事

この議員さん、英語のWIKIで顔だけは分かります。 WIKI

日本語記事 反法輪講の迫害展を訪問

まあ、そんなもの開かれないように思いますが、アメリカは違うのですかね?


関係ありませんが、私が、たまに、夢想する光景です。
日本国民の皆さん、残念なお知らせがあります。
私たちの空には、20年以上も前から、重金属や化学物質が撒かれており、今や、現実的に、いろいろなところで影響が現れており、もう止めることはできませんし、環境を修復することも不可能なのです。
日本国民の皆さん、こうなっては日本人もおしまいです。
美しい国土の上で、皆さん、日本人らしく、誇りを持って、滅びようではありませんか!
日本国首相 ××××
posted by 狭依彦 at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ケム・トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日 Tweet It!

マケイン・タウンミーティング

マケインが退役軍事の質問を受ける。退役軍人は抗議の退席

ニュースでもマケインさんが「言葉につまる」場面があったと報道されていましたが、内容については触れられていませんでした。
私も、これを聞き取ることはできませんが、スクリプトがあるので紹介します。
これくらいなら、NHKのドキュメンタリーくらいで紹介されてもよいような内容であると思います。
もし、米議会でシリア攻撃が承認されるなら、こんな意見を押し切って承認されたということを、われわれは知っておくべきでしょう。
そして、わが政府の対応も・・・・・・
このビデオを見ると「熱」が感じられますのでぜひ見ていただいて、その後、マケインのタウンミーティングの日本のマスコミの取り上げ方を見てみると、日本のマスコミの取り上げ方がどこを向いているのかが感じられると思います。

アイクさんのサイトにはもう一つビデオが紹介されていて、聞き取りが難しいですが、そちらは「過激」な内容の質問をしていると思われます。




マケイン議員へ。

私はBryan Batesといいます。元海兵隊のベテラン(退役軍人)です。2005年にはアフガニスタンのKunar地方で軍務についていましし、2006年にはイラクのHadithaにもいました。あたながご存知の事件が起こって、ほぼ1年後のことです。
私はまた、アフガニスタンで企業の保安契約雇い人として、アフガニスタンで復興事業軍のエンジニアを警備したこともあります。
私は、アルカイダやその仲間、シリアの近辺の地域に暮らしている人々について少しは知っているつもりです。私は、シリアへの軍事攻撃に対して全く反対であることをあなたに伝えるために、ここに来ました。

その理由は、良い人と悪い奴を区別することは不可能であろうと信じるからです。
私は、その地域の人々の中で暮らしました。そこで、家に入ったり、食事をしたことが何度もあります。その経験から、あの地域には良い人が沢山います。しかしながら、文化、宗教、イデオロギーが我々米国人と違っているので、シリアで何が起こっているかを真に理解することは非常に難しいことです。
アメリカはそこから離れているべきなのです。
ついこの間シリアで行われた残虐行為には悲しみをおさえられません。※しかし、アメリカから必要としている援助を受けるやいなや態度を変え、アメリカを非難しはじめるような国民のために、アメリカの兄弟がまた死んでゆくのは見たくありません。※

私には、現在でも兄弟(戦友?)がたくさん軍にいます。彼らの多くのために言えることは、彼らはシリアの軍事行動にも反対しているのです。
マケインさん、私や私の仲間の代理は務めないでください。そして、私はアメリカに対して多大な犠牲を払い貢献してきた名誉の人である貴方が、シリア反政府勢力に支援をするという危険を理解していないことに、驚き、あきれています。

※I do not want to see more brothers and sisters killed for a people who will change sides and denounce America as soon as they get the help that they want from us.

John McCain
ジョン・マケイン◆1936〜。米国の政治家。共和党。2000年のアメリカ大統領選挙で、共和党の指名候補を目指したが、ブッシュ元テキサス州知事に敗れた。

この後、ブライアンさんは退室します。
posted by 狭依彦 at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーチンの警告

ロシアはアメリカの攻撃があれば、アサドの側に立つ。プーチンが警告

中国、インド、インドネシア、アルゼンチン、ブラジル、南アフリカとイタリアは、皆「軍事行動に反対」しているとプーチンは語った。
政府が軍事行動を支持しているような国でも、「国民の大部分がこちら側だ」と彼は付け加えた。

独立国に対して武力を行使するのは、自衛の場合にのみ可能である。そして、シリアはアメリカを攻撃しているのではない。ある参加者が昨日言ったように、それと違ったことを行う者は、自らを法の外に置くものである」

元記事

元記事はテレブラフですから、全くの捏造発言ではないでしょう。
別に突飛な内容でもなく、論理的な発言ですね。

日本語の記事でそのようなものがあるか少しだけ検索してみましたが、9/8 9:11現在、簡単には見つからない状態です。
なお、日本は「国民の大部分」がシリア攻撃を反対とはいかないでしょうね。残念ながら・・・・・・

想像ですが、例えば、イスラエルにでもこの内容を報道している新聞もしくは報道機関があると思います。
posted by 狭依彦 at 09:19 | Comment(6) | TrackBack(0) | 国際中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日 Tweet It!

ガザ国境にバッファ地帯

エジプト軍がガザ国境にバッファ地帯を作ろうとしている

エジプトはガザとの境界に沿って500メートルのバッファ地帯を作ろうと計画していると、日曜日にエジプト軍の高級幹部が語った。

Saladin, al-Barahmeh, Canada, Brazil, al-Sarsouriyaその他のガザ国境の近くに住んでいるエジプト国民は立ち退き通知を受け取っている。

立ち退き命令を受けた住民たちはこの決定に対して不服で、抗議のためタイヤを燃やした。
また、軍のブルドーザが国境地帯の木を根こそぎにしている。軍はトンネルの入り口が発見されたal-Sarsouriya近郊の13軒の家を破壊している。

エジプト軍はこれまでに343の密輸トンネルを破壊したと発表した。

軍は、また、海上の警戒を強めており、国境地帯では漁を禁じている。
また、国境近くで漁をしていたパレスチナ人に、エジプト軍の艦船が発砲したという。

元記事

エジプトでは自国民(と言ってもムスリム同胞団)のデモに発砲してかなりの数を殺しました。
今では、不服従運動が行われているようですが、やっぱり、人が殺されているのでしょうか?
このエジプト軍の「革命」いや、「民主化」でしょうか、「正常化」でしょうか、それが何のために行われたか、分かるような記事です。
イラクもリビアもシリアもそうだと思いますが、「民主主義」がキバをむき出しにしはじめたのではないかと感じます・・・・・・
posted by 狭依彦 at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日 Tweet It!

南アのミステリー・サークル

古代のミステリー・サークルとクレド・ムトーワ

ムトーワさんが南アメリカのクロップ・サークル(ミステリー・サークル)のことを1996年に書いた本があるそうです。
南アメリカにもクロップ・サークルは昔からあり、ムトーワさんが生まれた後でも、サークルが作られると、星の神と母地球を祝うために、人々が集まって数日間にわたるお祝いを繰り広げるそうです。
クロップ・サークルができやすいように、農民は畑を刈り残しておくそうです。
Izishoze Zamatongo(神々の偉大な輪)と呼ばれる低気圧によって、サークルができるようです。
ムトーワさんは、クロップ・サークルは4000年以上前から存在している、と言っています。

元記事

面白い記事ですが、長いのとシリアの記事を紹介していたので、概略だけに留めます。
4000年前からあったとすると、きっと、日本にもあったでしょうね。
posted by 狭依彦 at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | クレド・ムトーワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧米の化学兵器使用歴

米とその同盟国は化学兵器と大量破壊兵器を歴史上で9回使用した。それでまかり通っている。

「国際法」というのは帝国の敵だけに適用される。
核でもそのようですね。沢山保有している○○には適用されていないようですね)

#1: World War I(第一次世界大戦), 1914-1918

#2: Britain in Mesopotamia (英国メソポタミヤで)1920

#3: The nuclear bombing of Hiroshima and Nagasaki ヒロシマ、ナガサキ 1945

#4: Agent Orange in Vietnam, ベトナム エージェント・オレンジ 1961-1971

#5: Iran-Iraq War イラン・イラク戦争 アメリカが売ってフセインが使った。

#6: Depleted uranium in Gulf War 湾岸戦争の劣化ウラン弾

#7: White phosphorus in Fallujah, ファルージャでの白燐弾 2005

#8: Israeli use of white phosphorous against people of Gaza, イスラエルがガザで白燐弾 2008-09

#9 Military testing of radioactive chemicals in St. Louis communities, 1953-1954 and 1963-1965
放射性化学物質をセントルイスで軍事的試験。
主に貧しい黒人の住民1万人に対して使った。住民には知らされず、軍は無害の煙幕のテストだといっていたが、実際は対ソ連で使えるような化学物質を試験していた。

元記事
posted by 狭依彦 at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界デモの時系列地図

1979年からの世界のデモの時系列地図は世界の社会的不安の多大な増加を示している



2分いかないくらいです。
見ていると、本当に増えているのがよく分かります。
破滅に近づいているのか、独裁が成就しようとしているのか、それとも、人間が目覚めようとしているのか?
日本のところで、ポツポツ光っているのは「デモ」なんでしょうね。
posted by 狭依彦 at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日 Tweet It!

英毒ガス原料をシリアに輸出認めていた

英国が、シリア紛争開始後に、毒ガスの原料に使える化学物質輸出を企業に認めていた

怒った政治家たちがキャメロン首相に昨年の1月−シリアの紛争が始まって10ヵ月後に化学物質の輸出ライセンスを企業に出したかの説明を要求している。

神経ガス製造に使うことのできる化学物質をシリアに販売することを、イギリスは企業に許可した。
potassium fluoride(フッ化カリウム)とsodium fluoride(フッ化ナトリウム)の輸出のライセンスが認められたのだ。

そのライセンスはEUがアサド政権に制裁をかけたために6ヶ月後に取り消された。

スコットランドの武器貿易に反対する会のMark Bitelは「英政府は、武器輸出に倫理的なポリシーがあるといっているが、実際に実行するとなると、現実は全く違っている。政府がシリアなど政権に企業が輸出するライセンスを認めたら、政府の化学兵器について言っていることは偽善的なものではないか。キャメロン首相は、アラブの春が始まったとき、商売を進めるために兵器会社と一緒に中東に飛んで行ったんじゃなかったか」

元記事

「シリア政権にわれわれが原料を売ったのだから確かに使っているはずだ。さあ、毒ガスを自国民に使った罪で、シリア政権を攻撃しようではないか」とは、ならなかったようですね。イギリス議会は攻撃に反対しましたから。
記事では、売ったかどうかは書いてありません。ライセンスを認めただけです。本当に売っていたら、この論理で「攻撃」となっているかも知れませんね。

どこかの国では、この論理、通用しそうな気がします・・・・・・
posted by 狭依彦 at 22:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国際中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。