2013年09月18日 Tweet It!

反政府勢力のミサイルの可能性は無いのか?

反政府勢力が化学兵器を使った可能性?

報告書では、国連は次のように言っている。「使われた毒ガス発射システムについての情報は調査には重要であった。実際のところ、調査地域では、重大な化学兵器の弾等を発射できる能力のある地対地ロケットが数発確認されている。」

尋ねる必要のある問題としては、
シリアの反政府派がサリンガスを使ったのか?
シリアの反政府派が2013年の8月21以前に地対地ミサイルを手に入れることができたか?
ということだ。

サリンガスについては、シリア反政府勢力は、実際のところ毒ガス事件が起こる以前にサリンガスを保有していた。
今年の5月に、国連の報告によると、「被害者の証言によれば、サリンガスを使ったのは、シリア政府ではなく、反政府側だと強く示唆されている」とある。

地対地ミサイルに関しては、8月に、「自由シリア軍、アルカイダと関係のあるal-Nusra Front、その他の武装グループが、能力の上がった火器を使っているという。それには、Grad地対地ロケットも含まれているという」
7月にMiddle East Media 調査研究所の報道では、「対航空機、対戦車、地対地兵器が自由シリア軍や、地元や国際的なイスラム主義者武装勢力の手にある」としている。

アメリカと同盟国は、アサド政府が化学兵器を使ったという確たる証拠を提出できていないという事を心に留めておく必要がある。また、「国連の報告書では誰がミサイル攻撃を行ったかというキー・クエスチョンにはこたえていない」ことを考慮するべきであろう。

元記事

CNNでも「どっちが使ったかは断定していない」とありますね。
昨日だったか今日だったか、どこかで聞いたニュースでは、「ミサイルにロシア語が書いてあったので、シリア政府が使った」と言っていた覚えがあるのですが・・・・・・
というか、「断定していない」というのは軽く言って、「シリア政府が使った」と断定しているように「聞こえる」ような、記事構成、話し方にしているのでは。


posted by 狭依彦 at 22:09 | Comment(4) | TrackBack(0) | 国際中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。