2008年06月14日 Tweet It!

世界の今の動き

ニュースレター 特別紹介

(1) Ben Bernanke、Alan Greenspan、Paul Volkerなどのビルダーバーガーが米国の金利をコントロールしてドルの価値を決めている。
(2) サウジアラビアなどの場所で生産されている原油の量をコントロールするのは同じイルミナティ一族の特権である。商品市場で投資を集中させるのをコントロールしているのも同じイルミナティであり、値段の上下を自由に行うことができる。
(3) イルミナティのネットワークは中国、インドの政策もコントロールしている。違う名前を使っているかもしれないが同じ力。中国はイルミナティの巨大な武器で、独裁世界政府を作り出すために事件をいろいろ起こして操作に使われる。
(4) 中国、インドが経済成長したのもこれに関係している。生産される商品やインドではサービスはそれ以外の世界の地域の競争力を低下させているが、それによって依存度を巨大なものにして、世界中で製造・サービス企業を倒産させて、失業を増やしている。
(5) 依存はコントロール(支配)である。

(4)などは、非常に大きな力が必要であり、「操作」だとは考えにくいところですが、後は納得できますね。
イルミナティ本体は少数であり、その命令がエージェントに流れ、エージェントは全体像を見ることなく実行している。
そして、その臭いをかぎつけたイルミナティとは直接・間接にも関係ないハイエナのような者たち、彼らは儲けることだけで、理念とかは関係なく何でもよい、その者たちが表面上に現れ、裏での動きを見えなくしている……


posted by 狭依彦 at 07:03 | Comment(3) | TrackBack(0) | イルミナティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>サウジアラビアなどの場所で生産されている原油の量をコントロールするのは、イルミナティ一族の特権である。
値段の上下を自由に行うことができる。
…生活に直結する「原油」をこれ以上儲けに利用しないで欲しい!原油高騰の一番の原因は、一部の投資家の「投機」目的らしいですもの…
おかげで今や、一昔前のハイオクより高いと言う異常事態に!
おまけにどこぞの多国籍企業は最近、「水」利権を買い漁り始めた。とか…
人間の生命を左右する「水」をコントロールする事で、もはや奴隷化計画は、とんでも説ではなく、現実味を帯びてきました。
このままではいけない!!と、強く感じるんですが、何をしたらいいのか分からずに、ただ、こうして毎日、このサイトを訪れています。
Posted by 薔薇の名前 at 2008年06月14日 15:35
>原油高騰の一番の原因は、一部の投資家の「投機」目的らしい
原油高騰の一番の原因は「アジェンダ」(行動計画)の一環でしょう。
1バレル200ドルだったでしょうか、指示が出ているそうなので、あと70パーセントくらい上がるでしょうね。
何ができるか?これが難しいのですが、とりあえず情報を仕入れておく、当然それは自分で正否を問う。そんな情報をもし信じたとしても、毎日を明るく生きる。これくらいはできますね。
アイクも、正面からぶつかっても殺されるだけだと言っています。
「愛」の波動を持つことが必要と……
なるべくそうなれるようにしたいですね。
Posted by 狭依彦 at 2008年06月15日 19:22
>「原油高騰の原因は、アジェンダの一環」
そうですね。
「原油高騰の一番の原因は、投資家の投機目的らしい」
は、表向きの理由に過ぎませんね。
>「愛の波動を持つことが必要と……」
うまく言えませんが、私は未来に対して楽観的です!
不思議な事に私(人類)は、もっともっと幸せになれると、心のどこかで確信しています!
もっとも、そんな風に考えられるのは、私が恵まれた環境にいるから、単なる甘ちゃんだから…かもしれませんが。
でも、たとえ、どんなに暗いニュースが流れようとも、諦めないで前向きに明るく生きたい!!
と、狭依彦さん同様、思います。
Posted by 薔薇の名前 at 2008年06月15日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。