2008年06月15日 Tweet It!

オバマとイスラム教徒

Malik Obamaが腹違いの兄弟のバラークがイスラム教徒として育ったと認めた

オバマの腹違いの兄弟Malik Obamaが、「イスラムであったという経歴にもかかわらず、オバマはユダヤ人に対して良い大統領となるだろう」と最近インタビューの中で発言した。

オバマはイスラム教徒ではない、はっきりした否定言葉がオバマのオフィシャルのウエブサイトに昨年の11月に載せられ、現在も載せられている。
オバマのスポークスマンRobert Gibbsは「オバマ上院議員はイスラム教徒であったことは全く無く、イスラム教徒として育てられたこともない。彼は献身的なキリスト教徒である」ことを説明する声明を発表した。

Malik Obama、オバマの兄弟のうち唯一ケニアに住んでいる人で、この記者発表を読んでおらず、オバマが打ち消し活動をしていることを知らずに発言したのではないか。

元記事

アメリカでは大変なことなんでしょうね?
イスラム教徒であってもキリスト教徒であっても、信仰に囚われているのは同じようなものだから、まあ、どっちでもいいのでは……
ご主人様にとっては、どっちでもいいでしょうね。


posted by 狭依彦 at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | オバマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。