2008年06月26日 Tweet It!

米国人は拷問を認める

世論調査:米国人の44%がテロ容疑者に対して拷問を行うことに賛成(それが自分たちに向けられない限りはね

19カ国で行われた拷問に対する国民の態度についての世論調査で、米国人が最もその手続きを受け入れているという結果が出た。拷問は世界的に禁止されているという立場よりはちょっと少なかったが、44%の人がテロ容疑者に対して拷問を行うことは許されると答え、10人に一人は、一般的に拷問は許されるべきだと考えている。

元記事


posted by 狭依彦 at 21:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | 国際北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この統計自体が嘘なのでは?と思いつつも、でも本当かもしれない、と思わせる微妙な話ですね。闇のやり方はいつも微妙で効果的。米連続テレビドラマ「LOST」でも元中東の拷問官がナイスガイとして出ていました。あれも拷問を是とする流れを作っているのか、、、。
Posted by kanchama at 2008年06月30日 09:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック