2008年08月04日 Tweet It!

オバマとケニアの関係

オバマの米大統領への立候補について警告を送ってくれてありがとうございます。
わたしたちは現在約12年間にわたってケニアに居住し仕事をしていて、オバマ氏の家族(部族)もよく知っています。
オバマ氏の部族は最近起こった大統領選挙の混乱を裏で糸をひいていた人たちです。何千人もの人たちが選挙の暴力によって住む所を奪われています。その数35万人くらいかも知れません。そして、死者の数については全く分かりません。

「オバマの友人」の組織に担がれているオバマ氏(※)は野党の選挙戦に百万ドル程度を送りました。その中には、オバマ氏のいとこの東ドイツで訓練された社会主義者であるRaila Odinga氏もいます。
Raila Odinga氏はケニアを転覆させようと何年も工作していて、前の大統領は同氏かケニアを滅亡させようとしていると投獄したのです。
11月27日の選挙が操作されているとODM (Odinga Camp)から糾弾の声があがりました。オバマとRailaは毎日のように話しているということです。

※のオバマ氏は、アメリカの大統領候補のオバマ氏であるか、ちょっと不安。もしかしたら、ケニアの親戚のオバマ氏かも知れません。

元記事


posted by 狭依彦 at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | オバマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック