2004年11月15日 Tweet It!

ファルージャ

 ファルージャが外国の武装勢力の支配下にあったというのは間違っている。外国の武装勢力はあっただろうが、彼らは、イラクの反体制側とも連携していた。
 ファルージャの攻撃はザルカウイなどのイスラム過激派と、外国の占領から国を守ろうというイラクの愛国者との間の区別をあいまいにした。
 ほとんどの外国の武装勢力がファルージャから逃げ去っていて、アメリカは自分の町を守ろうとしているイラク人と戦っているのを分っていたにもかかわらず、戦いを継続したというのは有り得る。
 西欧人が首を切られるという悪夢に対抗するために、アメリカはファルージャを標的ににしたかも知れない。イラクの反対勢力に、恐怖には恐怖をもって対抗されることを示すために。

http://www.rense.com/general59/destr.htm


posted by 狭依彦 at 16:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファルージャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。