2008年08月22日 Tweet It!

イスラエルの建国

Kook Hagee - イスラエルには1948後までアラブ人は存在しなかった。

1948年、Deir Yassinの虐殺からはじまって、シオニストは80万人の土着のパレスチナ人をパレスチナの自分たちの家からテロで追い出した。
しかし、シオニストの今日のプロパガンダはほとんど、福音主義者のだまされやすさを受けて、侮辱に加えて恐ろしい損傷を与えている。
イスラエルの収容所で暮らしていて先祖の土地に戻り資産を返して欲しいと要求するアラブ難民はまったく要求する権利はないとイスラエルは主張する。
なぜだろうか?それらのアラブ人の両親や祖父母は実はイスラエルに居住していなかったからだ。

元記事

ちょっと最後のところの意味が通じませんね。たぶん、イスラエルの一方的な主張だと思うのですが……

元記事では、パレスチナはイスラエルが来るまでは、砂の小丘の続く交配した土地だったとイスラエルは主張しているが、歴史的には、農作物の多くとれる恵まれた土地であり、パレスチナの土地にいた人たちは富んでおり、文化も発達していたように書かれています。
また、現在のイスラエルの土地となり、人々が住んでいるところでパレスチナ人が住んでいなかったところはなく、パレスチナ人は資産とその農作物まで「置いて」(奪われて)土地を出たということです。

現イスラエルの土地とそこに住んでいたアラブの人たちが、どのようになって、イスラエルができたか?
そのことについては、私たちは「習っていない」ような気がします。たぶん、習ったのはバルフォアなんとかとか、パレスチナ人を抜かしたことばかりです。ユダヤ人のことは沢山「習っている」ような気はしますがね……
でも、よく考えてみると、アラブ人が住んでいたところがどうやってイスラエルになったんでしょうね?


posted by 狭依彦 at 21:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この問題は複雑なのですが、旧約聖書(ユダヤ教聖書)の記述を信じるのであれば、モーセに率いられてエジプトを脱出したユダヤ人達は神様の指示で現在のイスラエルに居住していた先住民を戦いで滅ぼして占領し、古代イスラエルを建国しました。
つまり現在のイスラエルと同じように今も昔も先に住んでいたアラブ系の先住民を追い出して建国したことになります。
ただし現在のイスラエル建国を主導した自称ユダヤ人(本当は単なるハザール人ユダヤ教徒の子孫)は血縁的にはユダヤ人ではありません。
つまり卑近な例で喩えると同和の名前を騙った暴力団が他人(同和に所有権があり、アラブさん居住)の家からアラブさんを追い出して勝手に乗っ取ったということになります。

違った言い方をすれば、仏教徒である大半の日本人が、ある日突然自分達はお釈迦様が創始した仏教徒なんだから、昔お釈迦様に継承権があった王国は自分達のものだ!と叫んで軍事的に占領してしまったようなものです。

結論
・古代イスラエルも軍事的に占領された地で、正当なユダヤ人ですら本当に所有権を主張できるのか定かではない。
・現在のイスラエルは正当なユダヤ人でない人々が軍事的に占領しており、それは母国の回復ではなく、単なる侵略・占領でしかない。

正常な思考で冷静に考えれば上記のような結論になるはずです。
Posted by hikaru at 2008年08月26日 18:32
なかなか正常な思考をするのは難しそうですが、どう考えて見てもそうですよね……
Posted by 狭依彦 at 2008年08月27日 21:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。