2008年08月28日 Tweet It!

グルジア攻撃とイランの関連

ロシアのアナリストがグルジア攻撃とイランとの関係を指摘

水曜日に上級のロシアの軍事アナリストが語ったところでは、米国とNATOはトビリシを警戒させることで、グルジアの紛争を将来のイランへの軍事作戦のための舞台稽古に使ったという。
同アナリストはイランの戦争の可能性は日に日に高まっており、その結果、同地域の状況は動揺しているという。そして、混乱と不安定を招くことこそが米国の公式の施政方針となっている。

元記事


posted by 狭依彦 at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | コーカサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。