2008年08月29日 Tweet It!

NATOの介入は宣戦布告

ロシア:NATOの介入は戦争を意味する

ロシアのNATOへの大使が警告を発した。コーカサス紛争への軍事介入は何でも宣戦布告とみなすというものだ。
ロシアの新聞Vremya Novosteiのインタビューに答えて、Dmitry Rogozinはロシアが支援している地域へのNATOの攻撃はどんなものでも「ロシアに対する宣戦布告を意味する」と語った。

元記事

ロシアの艦船もアブハズ自治共和国(グルジア共和国)の港に着いたそうです。
なんか怖いですね。黒海でにらみ合いがあるときに、イラン攻撃が行われる。その信号なのかも知れない……


posted by 狭依彦 at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | コーカサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。