2008年10月02日 Tweet It!

イランイスラエルを認める

アフマディーネジャードがイスラエルの存在権を認める

イラン大統領マフムード・アフマディーネジャードが驚くべき発表を行った。大統領はイランはイスラエル国家の存在に同意すると認めたのだ。
「パレスチナの首脳部がイスラエルとの2つの国家という解決策に同意するなら、イランはイスラエル国家とともに生きるか?」という質問に答えて、大統領はこのような驚くべき返答をしたわけだ。「もし、パレスチナ人がシオニストたちを留めておきたいのなら、それでよい……パレスチナの人々がどのような決断をしても、イランはそれを受け入れる。パレスチナの人々に自由な投票でもって決意させることを認めようというイランの提案に、私の発言は沿ったものだ。パレスチナ人たちの大部分は2国という解決策を受け入れる気持ちがあるのだから、その結果イランの大統領もイスラエルの存在権を認め、平和交渉へのドアが開かれれば、イランもそれを認めるだろう。」

元記事

何か奇妙な話になってきていますね!?


posted by 狭依彦 at 22:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国際中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんとに 奇妙ですね・・・

「和平」というよりは 狭依彦さんもいってましたが、
なにかの「合図」のような気もします。
もちろん、ほんとうに「みんな」が
和平を望んでるというのならそれでいいのですが・・・。
Posted by プロレスと支配者 リングス・パンクラスとアイク at 2008年10月03日 14:13
イスラエルによるイラン攻撃(たぶん、核疑惑施設の爆撃)、ありそう、ありそう、と思わせておいて肩透かしなんでしょうか?
さて、今後、どうなるか。「お楽しみ」では【まずい】ですね。無いほうがいいに決まっている!
Posted by 狭依彦 at 2008年10月03日 21:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。