2008年11月10日 Tweet It!

フッ素添加に反対

公共水道にフッ素化合物を入れるという知恵に疑問を呈する市や州

flees.jpg

ミシガン州Grand Rapidsが公共水道にフッ素化合物を入れることに疑問を呈したが、これはこのような疑問の最新のケースである。
このように、以前は当然とされていた多くの化学薬品の使用に疑問を呈する地方自治体が増える傾向にある。
ミシガン大学のHoward Hu博士は次のように語る。「低レベルの化学薬品に曝されることと人体の変化の相関関係について環境衛生の研究が進み、このような疑問を呈するケースが増えていると思います。研究がさらに緻密になってきたので、環境毒物は人を殺す以上のことを引き起こすことが分かってきました。人間の成長を阻害する、行動を変えてしまう、心臓病のリスクが高くなるなどです。」

元記事

この画像は合成ですね!空にケムがありますよ。
そう言えば、あまり見ないテレビで(レギュラーは篤姫と日曜美術館とフィギュアスケートくらい。奥さんが何か見ていると少しだけ一緒に見ることも。ちょっと前まではルーキーズも見ていましたが……)、最近、「フェルメールの暗号」の番組を見ました。暗号自体はたいしたことはなかったのですが、オランダの空。ばっちり、ケムがありましたね。


posted by 狭依彦 at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。