2008年11月11日 Tweet It!

オバマとCFR

オバマのCFR(外交問題評議会)のクルー

次期大統領のオバマの外交と内政のアドバイザーでたぶん政権の一員となる人たちを見てみると、すべてが外交問題評議会の主要なメンバーである。
この人たちが「変化」をもたらすのか、もしくは、企業のエリートが何十年も作り出してきた同じ堅固なシステムを続けるのか、どちらなんだろう?

Susan E. Rice(WIKI英語

アンソニー・レイク(WIKI日本語)

Zbigniew Brzezinski(WIKI日本語)

Richard Clarke(WIKI英語)9/11委員会

Ivo Daalder(WIKI英語

Dennis Ross(WIKI英語)イスラエル中東関係

Lawrence Korb(WIKI英語

Bruce Reidel(WIKI英語) アルカイダの本を書いた

Stephen Flynn WIKIに記事がない

オルブライト (WIKI日本語)

元記事

日本語情報がかなり少ないですよね。私もこのような政治的なことを勉強するのは面倒なのですが、とりあえずWIKIにリンクを付けました。
これらの人たちは外交問題評議会のメンバーなのですが、「外交問題評議会」で検索すれば、これは結構あやしげな組織である情報も見られると思います。アイクも著書でそう書いています。
なお、○○ヤ系であるかどうかは、ほとんどの記事で、生まれた土地しか書いてなく、親がどうかという情報はありません。
何か、前の文、書いていて狭依彦が反○○ヤだと自分でも感じられますね。そんなことはないように、公平になろうと努めているのですが、この政権親○ス○○ルになるはずなので、ちょっと調べて見ました。


posted by 狭依彦 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | オバマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。