2008年11月19日 Tweet It!

若年アルツハイマー

アルツハイマー病が40代のアメリカ人を襲っている

アルツハイマーは、元々、65歳以上の人々がそう診断されるものであった。しかし、現在では、突然、40代という若さの人たちにも十万人単位で見られるようになった。
どうしてこんなことが起こっているのだろうか?
従来の医学界は認めないかも知れないが、30代や40代のアルツハイマーに罹る真の原因は脳の機能を阻害する毒性のある化学物質に一生涯にわたって曝されているからだ。
ところで、これらの化学物質には医者がアルツハイマーの症状を治療するために患者に処方する薬自体も含まれている。食べ物、家庭用洗剤や化粧品にもこれらの毒性のある化学物質が含まれている。

元記事

若年アルツ。物事をよくド忘れするようになってきている私は大丈夫だろうか……


posted by 狭依彦 at 22:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本では、その様なニュースは流れないが、米国だけですかね?? それとも、隠してるだけ??
Posted by のんたん at 2008年11月19日 22:48
日本はきっとお米を食べているから大丈夫なのでしょう(か?)
隠していることはあるかも?
Posted by 狭依彦 at 2008年11月20日 22:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。