2008年11月25日 Tweet It!

コソボと劣化ウラン弾

NATOが未だにコソボで人殺し

1999年に戻ると、NATOはセルビアとコソボに対して78日間にわたって砲撃を行った。
NATOは劣化ウラン弾を使用したと言われており、それが人々を殺し続けている。
NATOのセルビア爆撃から9年がたつが、この組織は未だにコソボで人命を奪っている。これはセルビアのPressonlineの記事による。
NATOの劣化ウラン弾の使用により、現在でもガン患者の数が増え続けている。セルビアの病院の統計によると、1999年以前は悪性腫瘍の患者の数は現在の1/3程度であった。
コソボのKosovska Mitrovicaでは2005年度には2004年度よりもガン患者の数が38パーセントも増加している。
この2年間にコソボのアルバニア人は全部で3,500人のガン患者が発生した。平均して、1000人に6人の割合で悪性腫瘍に罹っている。
Kosovska Mitrovica病院では、1000人に対して200人のガン患者がいる。

元記事


posted by 狭依彦 at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際欧州(英以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック