2008年11月27日 Tweet It!

HIVキャリアにMC埋め込み

インドネシアのパプア地方でHIVキャリアがマイクロチップを埋め込まれる

インドネシアのパプア地方でHIVキャリアの者うち一部の者にマイクロチップを埋め込むという法案があり議員の賛成も得ている。
パプア議員であるJohn Manangsang氏の話では、「性的に攻撃的」な患者たちにコンピュータチップを皮下に埋め込むことで、当局はこの患者たちを追跡、認識、そして誰かに意図的に病気をうつしたら罰することができるようになるという。そのような患者が告発されると6ヶ月の禁固もしくは3340ポンドの罰金を受けることになる。
この法案は地方議会の支持を受けており過半数の賛成が見込まれる。可決されれば同法は来月には施行されるとManangsang氏は語る。

元記事

「マイクロチップ」のカテゴリを作りました。
するとこの記事の検討の話が1年ほど前にありました。
アジェンダが進んでいるのが分かります。インドネシアという国はきっと、社会実験を受ける役割があるのでしょうね……


posted by 狭依彦 at 08:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイクロチップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。