2008年11月27日 Tweet It!

ティモシー・ガイトナー

財務省のオバマのシオニスト

オバマ政権の財務長官にニューヨーク連邦銀行のティモシー・ガイトナー総裁(47)について。(ここだけWebの日本語記事より)

ティモシー・フランツ・ガイトナー(WIKI日本語

ジャン=クロード・トリシェ(WIKI日本語

トリシェさんも、テルアビブ大学のHPに名前が出ているのでユダヤ人でしょうね。

■元記事より

このガイトナー氏はニューヨークブルックリンのユダヤ人家庭に生まれ、2003年よりthe Federal Reserve Bank of New York(ニューヨーク連邦銀行って訳していいのかな?)

多くの人が信じていることだが、the Federal Reserve Bank of New Yorkは中央の連邦準備制度より権力を持っている。その理由は、the Federal Reserve Bank of New Yorkがシオニストの財政指揮と支配母体の心臓部の中心となっているからだ。
ここ数年は、ガイトナー氏は最近のBear Stearnsの清算を含めて、無数の財政問題で主導的役割を果たしてきた。

2008年6月の5日から8日にかけて秘密のビルダーバーグ総会が行われたが、ガイトナー氏も参加者であった。同氏は、連邦準備制度が監督者の中心となる「国際的財政システム」を求める記事をThe Financial Timesに寄稿した。

ガイトナー氏の同僚(ロスチャイルドの召使仲間)に、ドイツのフランクフルトのヨーロッパ中央銀行の総裁であるean-Claude Trichetがいる。Trichetも2008年のビルダーバーグの参加者である。

ヨーロッパ中央銀行は、実際のところ、ロスチャイルド王朝に完全所有されている子会社である。もちろん、ロスチャイルドは連邦準備制度も支配している。
ヨーロッパのクレジットカードのシステムは全部このヨーロッパ中央銀行が管理している。だから、ヨーロッパのVisaカードの責任者が「お札やコインは2012年までに過去のものとなる」と宣言したのもうなずける話だ。

同じことがアメリカにも起ころうとしている。現金が非合法化されたなら、現金を基礎としている地下経済も消えてしまうだろう。そして、支配者たちは、実質的にすべての人を完全な財政支配下に置くだろう。

アメリカ連邦準備制度の理事5人のうち4人がユダヤ人である。

最近日本のテレビニュースでも「アメリカの中央銀行に当たる連邦準備制度」という台詞をよく聞きますが、一体全体それが何なのかという話はありませんね。

そのニュースでニューヨークの連邦準備制度というのは何だろうという疑問がありましたが、ちょっと、この記事で分かったような気がします。
WIKIではこの重要な二人がユダヤ人であるということは書いていないですね。たぶんそれは「重要なこと」ではないのでしょう……
でも、何故、オバマさんの周りに「ユダヤ人」がたくさん出てくるのでしょう。たぶん、私の気のせいだと思いますが?


posted by 狭依彦 at 21:21 | Comment(4) | TrackBack(0) | オバマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お札やコインが2012年までに過去のものとなる。
この意味をもっとストレートに説明していただけないでしょうか。
Posted by kenshin at 2008年11月28日 10:17
2012年以降、全てのお金は電子マネーに変わるといいたいのでしょうね。
Posted by はろるど at 2008年11月28日 15:26
ということは、チップをはめ込まれたカードを全ての地球人は持たされる、カードも持てないものは、、、死ですか?
Posted by kenshin at 2008年11月28日 16:34
ストレートに説明するのは難しいですね。狭依彦の「解釈」になりますから……
この部分は、アイクさんが引いたところをできるかぎり原文に忠実に訳した所です。
説明を入れるとすると、たぶん、この元記事をすべて訳さなければならないし、また、この発言の元をとらなければならないし……
そこで、できる限り「原文に忠実」のつもりで訳したわけです。
この記事を紹介したのは、ガイトナー氏についての情報ですね。
Posted by 狭依彦 at 2008年11月28日 21:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。