2008年12月10日 Tweet It!

ギリシア暴動

ギリシャの暴動の真の理由は?

先日のギリシャの暴動は、公式的には警察が15歳の子供を射殺したことに対する反発であるとされている。しかし、この暴動の真の意味はなんだろうか?
この暴動では、アナーキストが関係していて、銀行や外交官の車などに火炎瓶を投げつけたという。
銀行に火をつける?議会の近くで衝突?外交官の車を攻撃?
昨日、私は銀行が10行も襲われたと聞いた。これは、これらすべてが先週の土曜日の射殺に対してだけ起こされたなら、奇妙なことである。
15歳の子供の射殺が原因というのはギリシャ当局とメディアの完全な言い訳であろう。
これは、ギリシャの主要な指導層が銀行を支援しようとしていることに対する反発ではないか。

元記事


posted by 狭依彦 at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際欧州(英以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック