2008年12月18日 Tweet It!

希臘のコンピュータ

2000年前のギリシアのコンピュータが、沈没船から見つかり、ロンドンの博物館にある。このコンピュータを復元した。
このコンピュータは、カレンダーと太陽、月などの位置を表すことができる。
表の内側の輪はゾーディアック(占星学でいう黄道十二宮)で外の輪は、一年のカレンダー刻み。365日。
ハンドルを回すと、太陽、月と5つの惑星の位置を予測できる。
裏側の上の輪は、基本的なカレンダー。235月。19年。
オリンピックなどの年を表す仕組みもある。また76年サイクルで動く仕組みもある。
下の輪は日食のサイクルを表す。



2回聞いて書き出しましたが、ちょっと説明が不安。


posted by 狭依彦 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 超古代史・宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。