2008年12月22日 Tweet It!

セックスのチップ

「セックスのチップ」を学者が開発

このチップの機能は、脳に埋め込まれた電極から小さなショックを送り出すことだ。
この技術は米国でパーキンソン病の治療のために使われてきた。
しかし、ここ何ヶ月かは、学者たちは目のすぐ後ろの脳の領域である眼窩前頭皮質に焦点を合わせている。
この領域は食べたりセックスをしたりすることで得られる快楽を感じることに関連つけられている。

元記事

ある女性の脳に埋め込み、セックスが好きではないのが、非常に活発になったようです。でも、女性がそんな急激な変化は好まなかったので、取り外したとのこと……


posted by 狭依彦 at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。