2009年01月08日 Tweet It!

HIV汚染ワクチン販売

Bayer(バイエル)社がHIVに汚染されたワクチンを知っていて販売。内部資料による。

バイエル社というのは、ドイツのナチス協力会社IGファーベンが第二次世界大戦後に分割されて出来た会社。
ワクチンは日本にも販売されたとのこと。
バイエル社は、アメリカ以外にこの汚染されたと分かっている薬を販売したことは、特に問題はないとしている。アメリカでは起訴されることもない。

元記事

イスラエルの記事に精力を注いでいますので、ちょっとハショリました。
元記事には何のワクチンかは書いてありません。


posted by 狭依彦 at 22:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント


 狭依彦さん、こんにちは。
今現在ののイスラエルの事、色々教えてくれて本当にありがとうございます。
自作自演の大虐殺の繰り返しがこんなに続けられてもどうやら世界が変わるつもりが全くないみたいなのは、本当に切ないです。

 今、パンデミックの事とか、日本のテレビでも話題になってきていますが、それもケムとかで撒かれるだろう自作自演戦略と基本的に同じだと思うし、
 このバイエル社のHIVの事は、Zeitgeist:Addendum(続編)でも紹介されていて、パンデミックのしくみを理解するのにもとても関係あると思うので、
よけいなおせっかいかもですけど、紹介させていただきたいと思います。

 Zeitgeist:A.で 引用されている文では、はしょられてますが、元ネタでは、その引用された部分の直前直後に、それが「バイエル社」の「ファクター・エイト」という血液凝固因子製剤だと述べられています。
その、MSNBCの2003年のニュースのトランスクリプトはここ。
http://nl.msnusers.com/SunshinesPlace/ratoftheweek.msnw

 で、Zeitgeist:A.では、エイズ治療薬を販売している、FDA(米国食品医薬品局)とそれが結びついていただろう事を示唆しています。

 この前、モンサントの事で狭依彦さんがコメントで指摘してくれたような、
「病気を広めれば薬会社が儲かる」
という図式です。

 バイエル社のファクター・エイトは血液凝固因子製剤で“主に”血友病患者の止血治療に使われたそうですが、c型肝炎を広めたフィブリノゲンも、手術や出産時に使われた止血の為に使われた血液凝固因子製剤です。

 自作自演の戦争が繰り返されて続いているように、こんな事まで、同じ手口が繰り返されて行くように感じます。

 パンデミックは、人為的に起こされるという事を、世界中の人が知る権利があると思います・・・。

 それと、IGファルベンが何をしたか全く知らない人の為に、いちおう、始めのZeitgeistから引用したいと思います。(IGファルベンのやってきた事のほんの一部ですが。)

『 ナチスドイツの戦争努力には二つの組織によって大いに支援されたことを認識するのが重要である。 そのうち一つはIGファルペン(I.G.Farben) と言われる組織だった。 IGファルペンはドイツの84%の爆発物と、強制収容所で何百万人の殺害に使われたチクロン・B(Zyklon B) と呼ばれる毒ガスでさえも製造していたのである。

 世に知られていないIGファルペンのパートナーたちのうち一つは、J.D.ロックフェラーのアメリカにあるスタンダード石油会社(Standard Oil Company) であった。 事実、ドイツ空軍はロックフェラーの石油会社が製造した特別な添加物を含む燃料なしでは操作できなかったのである。

 例えで言うと、ナチスドイツによるロンドンに対する猛烈な爆破は、ロックフェラーの石油会社がIGファルペンに2000万ドル分の石油を売ったことから可能になったのである。 これはただアメリカの企業がどのように第二次世界大戦の両側を援助したかを示す一つの小さな点である。』
Posted by macco sneezingsparrow at 2009年01月10日 13:52
すみません、ワクチンの事を書くの忘れました。
Secret Government Database
of Vaccine-Damaged Children
http://thinktwice.com/secret.htm
という所に、ワクチンの作り方、というところで、
いちおう、
1950年代と1960年代の間に、何百万の人が猿の内臓(腎臓)で作ったポリオのワクチンからHIVに感染したと書いてあります
が、
HIV以外のコワ〜イ、ワクチンの事も書いてありますね。
ワクチンって、色んなもの入ってるのですね・・・。

そして、風疹のワクチンは、dissected organs of an aborted fetusを使って作られるそうです。
それって、人間のバラバラの・・・なんでしょうか・・・って、そうですよね。
Posted by macco sneezingsparrow at 2009年01月10日 17:24
ありがとうございます。

dissected organs of an aborted fetus
あまり訳したくないですが、
中絶した胎児の解剖された内臓器官 ですが、of なんとか動物が付くのでは?
Posted by 狭依彦 at 2009年01月10日 18:48

ありがとうございます、私もとても訳したくなかったでした。

ところで、FDAとポリオワクチンとエイズの事、ばっちり日本語で詳しくわかりやすく書いてくれてるとこ見つけたので、リンクつけときます。

http://www.asyura.com/0304/health4/msg/117.html
Posted by macco sneezingsparrow at 2009年01月13日 20:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。