2009年01月10日 Tweet It!

ガザ沖のガス田

戦争と天然ガス:イスラエルの侵攻とガザ沖合いのガス田

gazagasmap.jpg

イスラエル軍のガザ地区への軍事侵攻は、戦略上重要な沖合いのガス田を手に入れ支配することに直接関係している。
これは征服戦争だ。
ガザの沖合いには、2000年に発見された広大なガス田がある。

元記事
----------------------------

パレスチナのゲットーを内陸部に移し、強欲なユダヤ人の不動産業者に地中海に面した海岸沿いの土地を持たせる。
それから、ガザの沖合いには豊富な天然ガスと石油があるという隠れた話がある。

前首相Ehud Olmertは不動産詐欺、贈賄、友人も関係したスキャンダルによって面目を失って辞任した。
私の「糞検知器」は次のように反応している。シオニストユダヤ人はガザ地区と第一級の地中海の海岸の土地にシオニスト・イスラエルの入植地を作りたいのだ。そして、たぶんラスベガスのような「娯楽」、ギャンブル、売春、ドラッグ、資金洗浄のメッカとしたいのだ。

私はBernie Madoffが既に海の眺望がすてきな共同住宅をそこで購入していると確信している。最近のニュースではマードフは既に捜査官から宝石や他の資産を隠そうとして、仮釈放に違反している。そして、ついに、※保釈金なしで釈放しろ(they are insisting that he be held without bond 英文ではheldが拘束するのようにとれるが、意味的にこう解釈した・しかし事実は未確認)と主張するものたちもある。

元記事

ブログのコメントに、「1万人殺していてもおかしくない」というのと、白燐弾、とDIMEが無差別殺人ではなく、狙ったターゲットを殺傷するものであるというのがありました。確かに、歴史上、彼らの霊的先祖は沢山虐殺をしていますが、もっと大規模な皆殺しのように思います。
この意味を考え続けています。まだまだ、「イスラエル人一人の命とつりあう」所まで「戦闘」を続けるつもりなのか、それとも他の意図があるのか?
最近は全部の記事を紹介するのは物理的に無理なのでガス田の話はオミットしましたが、これも考えるべきかもしれません。


posted by 狭依彦 at 10:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。