2009年01月12日 Tweet It!

オバマ氏の祖母

オバマ氏の祖母の死亡・火葬記録は偽造されているか?

オバマ氏の祖母の死亡のニュース(例)

火葬の当局に筆者が問い合わせたところ、11月23日に火葬に居合わせたという人から電話があり、日付は2008年10月21日か22日であったと言われた。

私は2008年10月24日にMadelyn Dunham(オバマ氏の祖母)の住宅に自分で電話をして、Madelyn Dunhamと話をするのはできないとMaya Ngに言われた。この電話は興味をかきたてる。
さらに、この電話によって疑問がわいてきた。なぜ、そしてどうやって火葬場がオバマ氏の祖母の遺体を手に入れ、2008年10月24日に火葬をすることができたのだろうか。
バーラック・オバマとNgの家族、そしてメディアはオバマ氏の祖母の死去を2008年11月3日と発表したが、後になってそれを取り下げ、2008年の11月2日に変えた。

元記事

この記事の持つ意味はよく分かりませんが、「オバマはハワイで生まれたのではない」という説もありましたから……


posted by 狭依彦 at 13:04 | Comment(3) | TrackBack(0) | オバマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アンチキリスト(反キリスト)は、聖書で「不法の者」、また、「獣」とも呼ばれています。  ヒットラーはアンチキリストの縮小版でしたが、彼同様、アンチキリストにはカリスマ性があり、「大言壮語」します。

  アンチキリストは、全世界から熱狂的な支持を受けるでしょう。経済・軍事・政治面で深刻な状況に陥った世界に見事な7年計画を提供し、世界平和や経済的安定、宗教の自由をもたらして、一時的に世界を救うからです。

聖書は、アンチキリストの人物像についても触れています。預言者ダニエルは、「婦人への欲望に関心がない」と記しました。もしかしたら、彼は独身主義かホモセクシュアルかもしれません。また、「その顔は猛悪」、つまり険しい顔つきで、「その同類のものよりも大きい」、つまりけた外れに高慢なのです。

エルサレムは、ユダヤ教とイスラム教とキリスト教が同等の権利を持つ国際共同管轄都市となる可能性が大です。聖書には、ユダヤ人がモリヤ山に神殿を再建し、動物の犠牲を捧げる古代の儀式を再開することが許されるようになるとあります。

  預言によれば、アンチキリストは、政治的手腕にたけているばかりか、軍事の天才でもあります。ダニエルは7年の統治の間に起こる幾つかの大戦争について書き、その後半には、おそらくはアメリカやイスラエルが彼に敵して戦争が起こるようです。

  アンチキリストは世界の諸問題の多くを解決するので、しばらくの間は、世界の大半が彼を素晴らしい人物と考えます。しかし彼は、統治開始から3年半後に契約を破り、北からイスラエルを侵略します。

この時、彼はエルサレムを世界の首都とし、自分とその像を崇拝することを強制し、他の全宗教を非合法化します。聖書には、アンチキリストはユダヤ教の神殿に座して自分が神だと宣言し、崇拝を要求すると書いてあります。

  そして、悪名高い「666」、つまり統一世界クレジットシステムを世界に強制するのです
Posted by    at 2009年01月12日 15:28
確認。↑は狭依彦のコメントではなく、名無しの投稿者さんのコメントです。

オバマがアンチキリスト?さて、どうですかね?
アンチキリストがあるグループの意思を象徴した「操り人形」であればその可能性はありますが。
そこのところはどうなのでしょうか?
Posted by 狭依彦 at 2009年01月25日 11:55
うそばっかり
Posted by at 2014年03月04日 19:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。