2004年11月26日 Tweet It!

人は神のDNAを持っている

http://www.hiddenmysteries.org/mysteries/life/godgene.html

上記のURLをコピーして(右クリック=>ショートカットのコピー)

エキサイト翻訳 を開いて、翻訳URLに貼り付けして翻訳する。

読みにくい色の場合は、ドラッグして選択するか、ワードなどの他のソフトに貼り付けて読んでください。

(実験)Web翻訳を編集したもの

 デーン・ハマーは国立癌研究所の生化学の研究所での遺伝子構造および規則のチーフで、人の同性愛の偏愛の原因である遺伝子の彼の1993年の発見で特に有名です。
 ハマーは、神を信ずることは、脳の中での電気的な働き、もしくは遺伝子そのものに関係していると発表した。深く宗教を信ずる人々は、身体中にVMAT2という特別な遺伝子を持っている。無神論者はこれに反して、そのような遺伝子を欠いている。ハマーは、2000の民族のDNAサンプルから彼の初期の仮説を証明した。
 ハマーは、クリスチャンはイエス・キリスト自身からいわゆる「信仰遺伝子」を継承しているかもしれないこと、イスラム教徒が予言者ムハンマドから遺伝子を受け継いでいる可能性を間違っていると除外はしていない。さらにブッダに対しても同様に考えている。 ハマーは、悪魔主義者が悪魔の遺伝子を持ち、強くUFOを信じる遺伝子を持っているものがいるとも考えている
 この研究は神の存在を否定するものではなく、創造者の偉大さを証明するものだとハマーは主張している。


posted by 狭依彦 at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霊界・精神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。