2009年01月29日 Tweet It!

ソマリア情勢

アフリカ連合部隊が「ソマリアの民間人を砲撃」

ソマリアにいるアフリカ連合の部隊が連合の基地で自爆攻撃があったのを受けて、無差別にMogadishuの近辺を砲撃したと非難を受けている。
土曜日にあった車に積まれた爆弾の爆発とそれに続く銃撃戦で、少なくとも22名が殺された、と目撃者と医療チームは語る。
爆弾が破裂して数分以内に、いくつかの家は砲撃を受けたと、Hodan近辺の住民は語った。
「我々は民間人で、武器は持っていない。しかし、我々は平和維持軍としてやって来たと言うアフリカ連合の部隊の戦いの真っ只中に追い込まれている」とAdam Abdiは語った。

狭依彦:元記事より

暫定政権はホーン岬で政局を安定化させるのに失敗した。16,000人以上が過去2年間で殺され、100万人が住む家を失った。

元記事

こんなところに自衛隊は行くのですね。ガンバッテ戦え自衛隊!(皮肉)


posted by 狭依彦 at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック