2009年02月01日 Tweet It!

クルド系ユダヤ人

イスラエルはイラクの土地の一部分も「グレーター・イスラエル(拡張イスラエル)」の植民地としたい

イスラエルの拡張主義者はヨルダン川西岸地区とガザの完全支配を意図している。彼らは、シリアのゴラン高原を永久に手に入れ、南レバノンに進出しているのは良く知られている。それに加え、彼らの目は、聖書の「グレーター・イスラエル」の一部だと考えられているイラクの一部の土地にまで向けられている。

報道によると、イスラエルは国内からクルド系ユダヤ人を数千人(イランのクルドからの国外追放者も含む)を、イラクのMosulとNinevehに移住させようとしている。これは、古代のユダヤの宗教神殿への宗教的な巡礼という偽装のもとに行われる。
クルドの消息筋によると、イスラエル人がKurdistan Regional Government (KRG)(クルド地方政府)で隠密に活動しており、KRGの管理のもと、クルドとそれ以外のユダヤ人を統合して、前述のイラクの地域に送り込もうとしている。

元記事

「クルド系 ユダヤ」で検索したらちょっと面白い記事が見つかりました。

ウクライナ系ユダヤ人が日本人に謝る
よく知られている話の内容ではなく、その話をしている人に注目。白人系(カザール系)の人が同祖論を語っている。

2003年の奥外交官とクルドのからみ

Kurdish_Jews WIKI(英語)

WIKI英語より一部翻訳

クルド系ユダヤ人はクルディスタンという地域に住む、古代ユダヤのコミュニティ。
クルディスタンはイラン、北イラク、アルメニヤ、シリア、東トルコの一部を含む。
服装や文化は近隣のイスラムクルド人と類似している。
彼らは1940年代から1950年代初期にイスラエルに移住したが、それまではクルド系ユダヤ人は閉ざされた民族コミニュティとして暮らしていた。

ユダヤ人とクルド人には古くからのつながりがある。
伝説によると、ユダヤ人が現代クルディスタンと呼ばれる土地に最初にやって来たのは紀元前8世紀にアッシリアがイスラエル王国を征服したときであった。彼らはそれ以降、アッシリアの首都に移された。紀元前1世紀、Adiabene王室の首都はArbil (アラム語でArbala:クルド語でHewlêr)にあったが、ユダヤ教に改宗した。
Monobazes王と王妃のHelena、跡取り息子のIzatesは最初の改宗者として記録されている。

このイスラエルのクルド系ユダヤ人はシオニズム運動に熱心である。

当サイト

イラクにクルド貸出銀行

ザルカウイはクルド北地域で殺された

確かアイクさんも、このクルドの地域に「真っ白な人が住んでいた」と書いていたと思います。
非常に考えさせられる内容ですね。
日本語情報が少ないのが残念です。

元のユダヤ人=>クルド系ユダヤ人=>カザール=>今のユダヤ人

カザール論は、アーサー・ケストラーが本を出し、それが原因でケストラーは殺されたようですが、「ガセネタ」である可能性もあります。もっと、別のシナリオもあることを予感させる話ですね。


posted by 狭依彦 at 10:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですね。
ところで、そうなるとシュメールの粘土板を解読したシッチンさんはどうなんでしょうね?

なんでもアイクに「爬虫類のコトを調べるのはヤメといた方が良い…」とか言ったそうですが。。。

正確にいうと、神の選民というより、彼らは「選ぶ神々」の方だから、選民(ユダヤ)というのは彼らに食料(ネガティブ想念?)を提供してくれる操作され易い方々全般って感じで、だから色んな人種のユダヤ人(選民)がいてOKなのかな。。。

と、思ったりしました。
Posted by こゆき at 2009年02月01日 15:10
まあ、あんまり当らない直感的なものですから。

(爬虫類)=>シュメール=>エジプト=>元のユダヤ人=>クルド系ユダヤ人=>カザール=>今のユダヤ人
肉体的にはこんな感じでしょうか。
精神的な支え(?)の聖典類は、このどこかの途中で作られたと……

いつか時間ができたら、WIKIに出ている関連文書とか、見てみたいですね。
Posted by 狭依彦 at 2009年02月01日 16:36
ところで、ユダヤ系ニポン人のベンジャミンさんが無事に手術に成功(腫瘍摘出)して、摘出された腫瘍をご親切にワザワザ自身のブログで公開しているのですが。。。
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2009/01/お蔭様で手術大成功.html

自分でも言ってますが、なんだか何かに似ています。
Posted by こゆき at 2009年02月01日 20:56
なかなか面白い腫瘍ですね。
Posted by 狭依彦 at 2009年02月01日 21:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック