2009年02月10日 Tweet It!

ヨーロッパ陰謀論古典

陰謀論古典には沢山の光るところがある
by Henry Makow

Robin de Ruiterは58歳であるが、デーヴィッド・アイクに次いでヨーロッパでは最も有名な陰謀論ライターであろう。しかし彼の作品10冊は、スペイン語、イタリア語、フランス語、チェコ語、セルビア語、ドイツ語そしてオランダ語でしか出ていない。

最近、彼の古典「世界的な悪魔と悲惨:13悪魔血流の伝説」が英語の翻訳で増補版として出た。
悪魔陰謀団体イルミナティがすべての戦争と抑圧を引き起こし、人類を奴隷にしようとしていることについて未だに疑っている人は、私は心からこの本を推薦する。

元記事

13血流についてはフリッツ・スプリングマイヤーさんの本が日本で出ていますね。


posted by 狭依彦 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | イルミナティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。