2009年02月12日 Tweet It!

セポイの乱

大英帝国はインドで一千万人以上をホロコーストで殺した

インド暴動に関する新たな歴史は物議をかもしている。暴動は150年前に起こり、19世におけるヨーロッパの権力に対する最大の挑戦であると考えられている。
その中で、英国は自分たちに反抗して立ち上がろうとする人たち数百万人を根こそぎにしようとする、10年以上にも渡る死の攻撃を行っていた。

元記事

これは日本ではセポイの乱として知られています。
私達の世界史では、名前だけで、何人が殺されたとか教わっているはずはないですわな!
wiki日本語では、ヨーロッパの権力に対する挑戦とはとらえていないようですね。

1857年から1859年
日本が、誰かさんの勢力によって揺り動かされはじめた時ですね。


posted by 狭依彦 at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近現代史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。