2004年11月28日 Tweet It!

マグダラのマリアの失われた遺産

 マグダラのマリアは」、女性との接触がない教会によって否定され抑えられた女性の原理、およびそれらの情緒生活の原型です。
 ベストセラーのスリラー(ダ・ヴィンチ・コード)は、450万以上売れたが、この考えを伝えようとしている。
 マーガレット・スターバードはイエスとマグダラのマリアの間の結婚を主張しているが、その結婚が神聖な協力のモデル、および私たちの個人の関係と同様に、人間の魂の中の男性および女性のエネルギーの結合用のテンプレートだったと言う。

数秘学を扱っている。666についての説明もあり。

http://www.hiddenmysteries.org/review/rev/item786.html


posted by 狭依彦 at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古代・中世歴史・宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。