2009年02月19日 Tweet It!

EUと組み換え作物

EUがフランス、ギリシャに遺伝子組み換え作物を認めるように強制するも挫折

月曜日、EUはフランスとギリシャにアメリカのバイテクの巨人モンサントの遺伝子組み換えとうもろこしを栽培させることを認めさせようと企てたが失敗に終わった。

EUのメンバーの国の食物連鎖専門家がブリュッセルで会合を開いたが、ヨーロッパで栽培することに青信号が出ているトウモロコシを認可することを拒否しているフランスとギリシャを支援するか反対するか、合意を得ることができなかった。

元記事

元記事では、このトウモロコシの花粉は何百キロも先まで飛んでゆくとあります。
そうして、モンサントの社員がやってきて調査、「汚染」された畑をパテント違反として告発することになります……

彼らの重要なアジェンダ、食糧。
今年のような不順な天候、ケムだろうけど、曇り空が続く。
不作にさせようとしているんだろう。
作物さんがんばってね!奴らの企みをくじいておくれ!

yasai.jpg


posted by 狭依彦 at 21:17 | Comment(3) | TrackBack(0) | 環境・災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その野菜さんの絵は 狭依彦さん作でしょうか?

♪ぼ〜くらはみんな、い〜きている♪

と思わず口ずさみたくなるような、
お野菜の「生命力」を感じさせる絵です・・・。
Posted by それでも、地球と人類を愛した者へ at 2009年02月20日 12:03
最近よく言われてる、花粉症に効く遺伝子組み換えのお米ってどうなんでしょうね?

ちょっと興味あります。ジュルジュル…
Posted by こゆき at 2009年02月20日 18:46
花粉に効く遺伝子組み換えのお米ですか?ミツバチの遺伝子でも組み込んであるのでは?
その調子だと、爪水虫に効く、遺伝子組み換え小麦パンとか出そうですね。

タブレットを買って、ただ今、絵の、猛練習中です。これ1分ほどで描いたもの。下手やね。でも、まだ植物までは行っていないので……
Posted by 狭依彦 at 2009年02月20日 21:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック