2009年02月26日 Tweet It!

オバマスキャンダル

バラク・オバマ:コカイン、セックス、嘘……そして殺人?

バラク・オバマ大統領は新たにゲイ・セックスと麻薬のスキャンダルに巻き込まれている−そして、オバマ氏が愛する妻は悲しみにうちひしがれている。これはGOLBE誌の大々的ワールド独占記事で消息筋が語ったもの。
夫の「愛人」を名乗る男から受け取った手紙の中で詳しいことを知ってしまったミシエル・オバマ婦人。この悲嘆にくれるアメリカのファーストレディがショッキングな話に対してどう立ち向かっているのか、すべてが書かれています。読むべき本です!

元記事

これは雑誌の謳い文句です。


posted by 狭依彦 at 16:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | オバマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
狭依彦さん、こんにちは。

この記事、ホンマかいな?と思い、米国
の友人に聞いてみました。
この記事を書いているLarry Sinclair氏
は過去に色々問題を起こしている人物で
ガセみたいですね。
下記、友人からのメールの一部です。
リンク先にLarry Sinclairについて詳しく書かれています。
The Globe is a "supermarket tabloid", or junk magazine sold at the
checkout stand of grocery stores.
The person making the accusation, Larry Sinclair sounds completely insane
(he wrote a book and is trying to sell it). Here is an article about him -
http://www.politico.com/news/stories/0608/11164.html
Some people hate Obama very much, for his color, for his views, for many
things, but NO ONE (except this one guy) has ever said he might be gay.
Posted by 星梅 at 2009年02月27日 15:27
ありがとうございます。

過去のこのサイトの記事で言えば、↓に関係するのではないかと思います。
http://icke.seesaa.net/article/105421110.html
↑も今回の記事も「?」だったので、最初から少しだけ「判断留保」を付けておきました。

「はい」「いいえ」の答えであれば、私も「いいえ」の方に手をあげるでしょう。

オバマがゲイであろうとなかろうと、オバマの本質は「ある人々から選ばれたエージェント」であり、「どこかの時点でケネディやリンカーンのように殺され、人々を悲嘆の淵に落とす」可能性が高い、そうは思っています。
Posted by 狭依彦 at 2009年02月28日 09:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。