2009年02月26日 Tweet It!

グアンタナモの虐待

オバマになってからグアンタナモの虐待がさらにひどくなったと弁護士が語る

抑留者の代理人のAhmed Ghappour弁護士によれば、グランタナモ・ベイの囚人虐待はバラク・オバマ大統領が就任してからの方がずっとひどくなった。これは、キャンプが閉鎖される前に、看守が「快感を得ておこう」としているからだ。

虐待は、オバマが当選した後の、12月からひどくなり始めた。弁護士は、殴打、手足の脱臼、閉じられた監房への唐辛子スプレイの噴射、トイレットペーパーに唐辛子スプレイを吹き付ける、ハンガー・ストライキを行っている囚人に物を無理やり食べさせるなどである。

元記事

オバマはグアンタナモは閉鎖するが、そこで行われていたことについてはノータッチという姿勢ですよね。


posted by 狭依彦 at 16:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | オバマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。