2009年03月02日 Tweet It!

日本イルカ虐待

日本のイルカショーの真実

http://www.youtube.com/watch?v=a-Hq4542pgE

一回見て聞こえたところを少しあげてみます。


太地でのイルカ虐殺

イルカ漁で浅瀬にイルカを追い込む。
イルカトレーナーもグルになっている。
親子を暴力的に引き離す。
イルカのトレーナーは、この追い込まれた群れから買い付ける。
イルカはゆっくりと窒息死を迎える。
トレーナーは哀れみのひとかけらも持ち合わせない。
イルカトレーナーは虐殺されているイルカを助けたと言っている。
日本のイルカ保護というのはまやかしで、イルカ捕獲者と協力して、イルカを虐待している。

注:上の文章はビデオのナレーションの一部です。筆者が書いているわけではありません

このビデオも日本語が欲しいですね。
日本人は、これを見て、「外国ではこのように見られている」、それでも「これは日本文化である」と胸を張って言えるようにしておかなければ!(か、このように見られているから、ちょっとやめとこうとなるか。とは言うものの、「経済」「生活」が絡むので難しいでしょうが……)

一般の報道姿勢だと、「イルカ保護は日本の自然保護の一つである」(テーゼ)=> 外国は自然保護にかこつけその日本の態度を批判している(批判の中身はカット。このようなビデオは論外でしょう) => 我々は日本の独立とユニークな日本文化を守らなければならない となるのかな?

何かを声高に叫びたい気はないのですが、こんなビデオがYuuTubeにあることを知っておくべきでしょう。


posted by 狭依彦 at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック