2009年03月10日 Tweet It!

暴動を起こさないで

アイクの公式サイトの記事

公式サイトに全訳が載っています。
この記事で、アイクは暴動を起こさず、多くの人の「不服従」こそが、世界単一政府の支配を覆す戦略だと言っています。
アイクの肉声が聞こえるようです。見ていない方は、ぜひどうぞ。

狭依彦が英文を読んで気になったこと。

暴動を起こすことは、「奴ら」が待ち望んでいることだ。「奴ら」は準備を整え終わっている。

経済危機と、銀行のベイルアウト、銀行家の高報酬などは、人々を怒らせその「暴動」を起こさせるためのものだ。

ラジカルな左翼が先頭を切って、革命を起こそうとして、何も分からない付和雷同のアホドモが後について騒ぐが、その結果は、より厳しい独裁だ。これまでの歴史が物語っている。
左翼も、右翼も同じ。共産主義は「一国独裁」の完成のため、「奴らが」創り上げたものだ。

1871年のアルバート・パイクの手紙といわれているものには、3つの世界大戦のことが書かれている。
第一次、第二次は手紙の通りに起こった。
第三次世界大戦については、イスラム(イスラムのアラブ世界)とシオニズム政治体制(イスラエル国家)がお互いに破壊しあうことによって起こるという。

ということで、第三次世界大戦は「予定」されていること。
その予定を実行するために、イスラエルは「ガザ」で虐殺を行ったが、イスラム世界を挑発するのが目的で、「抑制された」殺し方をしている。

イランも、それに応えて、インター・ポールに「イスラエルの戦争犯罪人」(政府高官)を告発したりしています。インター・ポールは取り上げなかったようですが。


posted by 狭依彦 at 21:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | アイク関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一歩引いた目で見ないと、、ですね。
私ら先進国は恵まれていますが、極限状態だとつい挑発に乗ってしまうんでしょうね。北朝鮮が3月半ばにテポドンだかノドンだかを日本へ向ける、という話も挑発の一種なんでしょうかね、、。お互いを嫌い合うように仕向けるのが彼らのお約束。中共の反日スローガンもすごいらしいですね。
嘘ばっかりで。インターネットの普及でスローガンを鵜呑みにする人が大分少なくなってきたらしいですけど。
Posted by kanchama at 2009年03月11日 17:45
暴動を起こさずに不服従ですね。。。日々に感謝し、今持てるものに感謝し、生きていられることに感謝し、憎しみをもたず、怒りをもたず、目の前の問題に懸命に向かい合いながら心だけでも平和に保つことが重要になりそうですね。
Posted by ココニイマニアリガトウ at 2010年09月07日 09:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック