2009年03月11日 Tweet It!

クリスタル・スカルの王国

Serfing the Third Wave(第三の波でサーフィン)

ここアメリカにソビエト・マンを新たに生み出す計画は完全に現実となってきた。
ジョージ・ルーカスは彼のインディ・ジョーンズの最新作でそれについて注意を喚起している。



インディ・ジョーンズとクリスタル・スカルの王国は1950年代に始まる。インディがロシア人に誘拐されるのだ。
映画の中で彼を誘拐したCol. Dr. Irina Spalkoはジョーンズを椅子に縛りつけ、バックグラウンド・ミュージックの中、静かな声で、私たちに語りかけるのは、自分達が何になっているか、どこへ向かっているか、そして、皆さんが一心になって聞けば、どのようにしてそれがなされているかを聞くことができる。

「私達は夢を侵略され、恐ろしい現実が起こってきている。我々の指導者、教師たちは、誰もが、表面的に見えるのとは違っている。彼らは内側から変えられているし、我々は多くの世代にわたってそう導かれている。我々はロシアとアメリカモデルの合併の真ん中にいる。それは完全な支配システムを形作ることに近いステップだ。我々は変化の第三の波に打ちひしがれているのだ。それはやってくるのではない。既にここにあるのだ。」

元記事

この英語訳していたら、何だか分からないようになってしまいました。英語力が落ちているのかな?

あとで元記事を確認したら、最後のセンテンスが元記事のものでした。てっきり、アイクさんのコメントと思っていましたが、直しておきました。

なお、この「第三の波」とはトフラーさんのあれです。


posted by 狭依彦 at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霊性・肉体破壊陰謀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。