2009年03月13日 Tweet It!

エジプト国境空爆

ガザ:国境地帯が再度爆撃される

ガザでの戦争からほぼ2ヶ月が経過したが、エジプトと攻撃で荒廃した海岸沿いの居住地の間の国境地帯はたびたびイスラエルの空爆を受け続けている。
イスラエル当局はこの攻撃はパレスチナの抵抗勢力に武器を密輸するのに国境を越えたトンネルが利用されているが、これをターゲットとしたものと言っている。

「イスラエルはいまでも国境地帯に定期的に空爆を行っている。このような攻撃は、エジプト−イスラエル間のCamp David平和協定を含むすべての国際法と協定に違反するものである。」と政治アナリストで独立系新聞のAl-Dustourの編集長であるIbrahim Mansourは語る。

元記事


posted by 狭依彦 at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック