2009年03月21日 Tweet It!

ガザは宗教戦争

「皆さんが戦っているのは異教徒に対する宗教戦争だ」ガザ戦争でイスラエルのラビが兵士に言った言葉

イスラエル軍のラビは1月のガザ攻撃で戦場にいる部隊で「皆さんが戦っているのは異教徒に対する宗教戦争だ」と語ったことが明らかになった。
軍の指揮官がイスラエルの新聞に今日このショッキングな命令について書いている。その前日にはイスラエルの兵士が「戦争中に無実の一般市民を殺してもよい」と言われたという話が明らかになっている。
ラビのメッセージはハッキリしている。「私たちはユダヤ人だ。この土地に来たのは軌跡によってだ。神が私たちをこの土地に連れ戻し、今や、私たちはこの聖なる土地を征服する邪魔をしている異教徒を追い出すために戦っているのだ」ということだ、と指揮官は語った。

元記事

救いようがないですね!きっとこの聖なる土地は、拡大し続けて、渡したちのニッポンまで来ますよ。でも安心。私達の支配者は、彼らの一族ですから!?


posted by 狭依彦 at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック