2009年04月17日 Tweet It!

サリドマイドとナチス

大薬品会社のサリドマイド薬品は、実は、ナチの化学兵器として開発された(今日では化学療法で用いられる)

サリドマイド(wiki)

悪名高い薬品、サリドマイド、これはつわりの薬として処方されたが、子供に先天性異常を引き起こした。この薬がナチの強制収容所の医者によって神経ガスの解毒剤として開発されたと思われる。
Thalidomide Trustの責任者Martin Johnson氏によれば、「現在、サリドマイドがナチスの最後の戦争犯罪であった可能性が強くなっている」という。

元記事

WIKIを見ると、確かに、「変な」使われ方をしている薬ですね。薬害を起こした薬を、その後、そこまで使いまわしする必要があるのでしょうか?


posted by 狭依彦 at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。