2009年04月17日 Tweet It!

イラク空爆死者女子供

イラクへの空爆被害者はほどんどが女性・子供

空爆と砲撃はイラク国民の最も弱い部分に大きな被害を出した。
女性と子供が死者の中で大きな割合を占めている。
Iraq Body Count (IBC)が行った分析調査では米軍主導の空爆で殺された人の39パーセントが子供で、46パーセントが女性であった。

アメリカとイラク政府軍、及び、抵抗勢力が使った砲弾による死者では、42パーセントが子供、44パーセントが女性であった。

元記事

女子供で、空爆も砲撃も、86パーセント。
男性は、ターゲットを絞った暗殺によって結構な数が殺されているようですが、男性はどうしていたのでしょうか?
男性が抵抗勢力として戦っていた時に、空爆も砲撃も男性が出かけた後の一般居住地域をターゲットとしていたのでしょうか?


posted by 狭依彦 at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。