2004年12月03日 Tweet It!

ベネズエラ

IACHRは、ベネズエラを、大多数の国民が貧窮している国家として分類して、ヴェネズエラに侵入したが、それは、ベネズエラ政府が義務を果たせていないことを示す。しかし、政府などの組織は、国民が自身をよりよくなることを、導き支援するためにある。それで、国民自身が「ベネズエラはその市民に適正な生活を供給する十分に豊かな国家であるか」と、自問自答しなければならない。
 確かに、ベネズエラは資源を持っています...それはその油および鉱物、および健康な人口を持っている。
 IACHRは油の価格にのみ集中するべきだ。第3世界の油を値上げして、それを売った金を、合法的な政府によってその国民に分配されるようにすれば、この富は、民主主義を促進する最も正直な方法になる。
 銃の法則によって民主主義を課することはより多くの激痛にのみ結びつく。
 NEDはベネズエラの民主的に選ばれた政府の事務に干渉している。国家を疲弊させ、破壊しようとするNGOに資金を提供している。NEDは事実上民主主義を侮辱している。
 原油を1バレル当たり100USドルに値上げをすれば、確かに西側の経済がスローダウンするたろう。しかし、それは第世界の国家を元気づける。西洋は、銃ではなく文化を輸出することができます。
Alfredo Bremont

http://www.hiddenmysteries.org/news/america/venezuela/112804d.html


posted by 狭依彦 at 08:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際中南米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。