2009年04月28日 Tweet It!

米衛生緊急事態宣言

Monday, 27 April 2009

米国土安全保障省は「公衆衛生上の緊急事態」を宣言−20以上のインフルエンザのケースに

NHKニュース

(ニュースは一般的なもので、NHKのもの参照)

(狭依彦選択)

(1)アメリカの専門家は、より多くの感染ケースを予測しているが、現在では、ほぼ全部が、症状が軽いもので、アメリカ国民はパニックになる必要はないと語った。

(2)緊急事態の宣言により、米政府は自由にお金を使えるようになり、子供たちに未承認試験と薬を与えることができるようになる。

(3)日曜日の夜の段階で、アメリカでは豚インフルエンザの死者はなく、1名が入院しただけ

(4)カナダでの発生も、メキシコと関係している。症状は重くない。

(5)CDCによると、1918年のスペイン風邪では、H1N1亜種のウイルスは、世界の15億人の人々のうち5億人の人々に感染した。そのうち、5000万人が死亡した。
もし、当時、対インフルエンザ薬、抗生物質、人工呼吸器などがあったら、多くの人が助かっただろうという。

元記事

記事がちょっと古いですが、アメリカではパニックになっていることもなく国民は平静らしいです。
(5)の内容を読むと、それほどビビルことはないのかも知れません。


posted by 狭依彦 at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。