2009年04月28日 Tweet It!

インフルエンザ虫

Monday, 27 April 2009

2005年までの4年間で、アメリカでは40人の微生物研究者がなくなっている。すべてが、不審な状況下での死であった。死んだ研究者はすべて政府、政府の請負業者に勤務していて、バイオテロリズム、インフルエンザ伝染病、炭疽病に関係するプロジェクトに籍を置いていたと見る人もある。
あきらかに、研究者たちは何かに関する治療法を探そうとしていたわけではないだろうし、もし、そうなら口を防ぐ必要もなかったはずだ。

アメリカ政府が奇妙な研究をしていたことが分かっている。そこには、1918年のスペイン風邪の死者の遺体を掘り返すこと、インフルエンザウイルスを遺伝子操作することがあったようだ。

元記事


posted by 狭依彦 at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。