2009年05月07日 Tweet It!

ボルマンはソ連スパイ

ボルマンがヒトラーをイルミナティに走らせた

ナチドイツで権力の二番目の男、マルチン・ボルマンは「ソビエト」(すなわちイルミナティ)のエージェントで、ドイツとヨーロッパのユダヤ民族両方の破滅を請け負っていた。
それゆえ、ボルマンはイルミナティの2つの主要目的を推し進めた。一つは、ドイツの国家的、文化的、人種的な自負を滅ぼすことによってドイツを世界政府の一部に組み込むこと。もう一つは、ヨーロッパのユダヤ人を絶滅させると脅すことによって、メーソン銀行家の世界首都としてイスラエルを設立することだ。

元記事

ソビエト=イルミという図式を理解できないと、この文章は良く分かりませんね。


posted by 狭依彦 at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近現代史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。