2009年05月25日 Tweet It!

過剰人口抑制計画

億万長者クラブが過剰人口を抑制しようとしている

アメリカの指導的な億万長者が数人、秘密裏に会合を開き、自分たちの富が世界の人口増加を抑え、健康と教育を改善するためにどのように使えるかを検討した。
ビル・ゲイツの主唱のもと、このサミットに参加した慈善家たちは、力を合わせ、変化を阻害する政治的宗教的な要因を克服することについて協議した。

この会合はGood Clubと名づけられていて、デーヴィッド・ロックフェラー、 Warren Buffett、George Soros、Michael Bloomberg(NY市長)、メディア界重鎮Ted Turner、Oprah Winfreyなどだ。

会合の場所は英国人のノーベル賞受賞生化学学者でロックフェラー大学学長のPaul Nurse卿の屋敷で、5月5日に開かれた。

ビル・ゲイツは家族が健康となり、マラリアから逃れ、ひどい貧困から抜け出るには、生活習慣を変え、半世代のうちに子供の数を減らす必要があると語った。

昨年2月にカリフォルニア州ロング・ビーチで行われた会議では、ゲイツは同様な主張で「公式的な予測では、世界の人口は現在の66億人より増えて、93億人のピークを迎えるという。しかし、よりよい繁殖ヘルスケア(避妊など)によるチャリティがイニシアチブを取れば、83億人に抑えることができると思う」と語っている。

このような会議が秘密に行われるのは、会議が新聞に取り上げられ、それがもう一方の世界政府のように書きたてられるのを避けて、金持ちがサシで話し合いたいからだという。

元記事

ロックフェラーが人口を削減しようとしているという話は陰謀論でよく聞かれます。まあ、その場合は、「殺す」ことが中心になるでしょうけど……
その話、殺される側に入っているだろう自分は、当然、「そんなことはあるはずがない」と思うようにしていて、ケム・トレイルを見ても「気象操作で危険なものを撒いているはずがない」と思い込むようにしています。
そうじゃないと、毎日、人生暗いですから。
きっと、このような博愛心から出ている行動を、皆が誤解しているんだ!(なんて、あるはずはないよね)
ゲイツさんの写真を見ると、爬虫類を感じる私……

Paul Nurseさんのビデオ(2分ほど)
爬虫類の臭いはしないような気がしますが、どうでしょうか?


posted by 狭依彦 at 22:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 霊性・肉体破壊陰謀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ノーベル賞取った人なのでしょうか・・・?
アイクはよく フリーメーソンや宗教家などにしても、
本人はとても素晴らしい「志」を持ってほんとに良かれと思ってやっていても、
実は『その志を「利用」され騙されている人もいる』ようなことを言っていますよね。
ほんとに、色々かもしれません・・・。

ちなみに、ビル・ゲイツ氏は普段の顔も
すでに「爬虫類っぽい」です(失礼
にじみでちゃってるのかな・・・(笑
Posted by それでも、地球と人類を愛した者へ at 2009年05月26日 08:39
目がワニ目ですね。
Posted by 狭依彦 at 2009年05月26日 21:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。